JBICを取り巻く環境

JBICは、ノウハウや専門性を集約して案件形成能力を高め、JBICのミッションを機動的、戦略的に遂行するため、営業部門については、ミッション・分野別の4部門体制を導入しています。資源ファイナンス部門、インフラ・環境ファイナンス部門、産業ファイナンス部門、エクイティファイナンス部門のそれぞれの部門における課題や取り組みについてご紹介します。

資源・環境ファイナンス部門イメージ

資源ファイナンス部門では、エネルギー、鉱物資源等を安定的に確保するための業務を中心に行っています。

インフラ・ファイナンス部門イメージ

インフラ・環境ファイナンス部門では、日本の産業の国際競争力の維持・向上のために、インフラ分野および環境分野においての海外展開を支援する業務を行っています。

産業ファイナス部門イメージ

産業ファイナンス部門では、日本企業の国際競争力の維持・向上のために、中堅・中小企業を含む日本企業の海外展開や、船舶・プラント設備の輸出を支援する業務を行っています。

エクイティファイナンス部門イメージ

エクイティファイナンス部門では、リスクマネー供給強化に対応するため、一般出資案件・証券化に関する業務を行っています。