環境ガイドライン

JBICは、借入人またはプロジェクト実施主体による適切な環境社会配慮の実施を確認するため、そのプロセスや指針を環境ガイドラインに定めるとともに、関連する情報の提供を行っています。

JBICは、「環境社会配慮確認のための国際協力銀行ガイドライン」(以下「環境ガイドライン」)を制定・公表しております。現行の環境ガイドラインは、2015年4月に施行したものです。


(参考)適合を確認する国際基準

JBICでは、出融資・保証(以下「融資等」)対象プロジェクトにおける環境社会配慮に関し、検討中のプロジェクトのカテゴリ分類の結果や、プロジェクトの環境レビュー結果について情報提供を行っています。

環境社会配慮確認のための国際協力銀行ガイドライン」改訂プロセスについて、公表しています。

「環境審査にかかる協定書」は、一般の金融機関の環境配慮への一層の取り組みを支援することを目的とし、JBICと一般の金融機関が協調融資等を行う案件に関し、JBICがプロジェクト審査の際に実施した環境審査情報・ノウハウを民間金融機関に提供するものです。

「原子力関連プロジェクトにかかる情報公開指針(仮称)」の作成に向けて2015年12月からコンサルテーション会合を開始しました。皆様から広くご意見を伺うプロセスを経て適切に作成を行ってまいります。