アジア債券市場育成に向けた取り組み

アジア債券市場育成イニシアティブ(ABMI)とは?

アジアにおいては、90年代後半の通貨危機の経験を踏まえて、金融における通貨・期間のダブルミスマッチ*1軽減による通貨危機のリスク低減やアジア域内の豊富な貯蓄を域内の投資に結びつけるための金融仲介機能の発展・深化が求められています。そのため、アジア各国はアジアにおける債券市場の育成を重要な政策課題と位置づけています。

こうした認識に基づき、ASEAN+3(日中韓)諸国の財務省・中央銀行は、2002年12月に日本が提案した「アジア債券市場育成イニシアティブ(Asian Bond Markets Initiative、ABMI)」を2003年8月の第6回ASEAN+3財務大臣会議で合意し、アジアにおける債券市場育成に向けた包括的な検討を主体的に行っています。日本政府の対外経済政策を実施するJBICも、ABMI推進に向け、アジアの現地通貨建てでの債券発行や債券への保証供与等を行うことを通じて、債券市場の育成に貢献しています。

  1. *1外国建て通貨で資金を調達して自国通貨に換えて投資することから生じる通貨のミスマッチと、短期借入資金で長期投資を行うことから生じる期間のミスマッチ
アジア債券市場育成イニシアティブ(ABMI)への対応 【図版】輸入金融の例の仕組み図

JBICのアジア債券市場育成イニシアティブに関する取り組み

JBICでは、ABMIに関する様々な取り組みを行っています。具体的な事例については以下 をご覧ください。

債券発行・保証実績

JBICによるアジア現地通貨建て債券の発行

  • タイ・バーツ建て債券の発行(2005年8月、30億バーツ)

日系FDI主体によるアジア現地通貨建て債券への保証の供与

アジア域内における債務担保証券(CDO)への保証の供与

  • 韓国・中小企業の発行する債券を束ねたCBOへの保証供与(2004年12月、77億円)
   
セミナー開催実績
  • アジアMTNプログラムとアジア資本市場法規制等市場インフラに関する国際フォーラム(2009年11月28日、於東京)
  • 「アジア債券市場育成に向けた官民パートナーシップ」セミナー(2007年5月6日、於京都)
 

関連リンク