業務のご案内

JBICは、日本および国際経済社会の健全な発展に寄与することを目的に設立されました。
一般の金融機関が行う金融を補完しつつ、以下の分野の業務を行います。

  • 日本にとって重要な資源の海外における開発及び取得の促進
  • 日本の産業の国際競争力の維持・向上
  • 地球温暖化の防止等の地球環境の保全を目的とする海外における事業の促進
  • 国際金融秩序の混乱の防止またはその被害への対処

多様化するニーズに応じてさまざまな金融手法を通じた支援を行い、日本と国際経済社会の健全な発展に貢献します。

【図版】国際協力銀行業務
 

日本企業によるプラントや船舶、技術の輸出を支援する融資です。

輸入金融イメージ

石油、天然ガス(LNG)、鉄鉱石などの重要物資の輸入に必要な資金を融資しています。なお、資源以外の輸入につきましては、保証制度を活用頂くことができます。

日本企業の海外における生産拠点の設立・増設や資源開発など、海外での事業展開に必要な長期資金を対象とする融資です。

開発途上国等による事業及び当該国の輸入に必要な資金、もしくは当該国の国際収支の均衡もしくは通貨の安定を図るために必要な資金を供与します。

出資イメージ

日本企業の海外事業を支援するために、出資によるサポートを提供しています。

保証イメージ

一般の金融機関等の融資、開発途上国政府等の公債発行、および現地日系企業による社債発行等に対し保証を行います。

調査業務イメージ

開発途上国や資源保有国で実施されるプロジェクトの初期段階に必要な、フィージビリティ・スタディー等を実施する調査業務を行っています。

日本の資源確保に間接的または将来的に寄与する場合に、輸入金融や投資金融により積極的な支援を行っています。

金利や融資割合についてご紹介します。

お問い合わせ先一覧イメージ

融資に関する具体的なご相談については、こちらに掲載されている担当窓口までお問い合わせください。

 

JBICは、開発途上国の金融機関等に融資枠を設定しています。これら金融機関等を通じて現地で資金調達を行うことも可能です。

JBICが諸外国における日本製設備等の輸入を支援するため、地域国際金融機関、現地金融機関等に対して直接融資を行うものです。

JBICが開発途上国等での民間企業の資金フローをより一層拡大させるため、現地金融機関等に対して直接融資を行うものです。

JBICが供与している開発途上国・地域向け事業開発等金融(アンタイドローン)(資材調達先を日本に限定しない貸付)のうち、当該国・地域における民間企業の資金フローを拡大させるため地域国際金融機関、現地金融機関等に対して直接融資を行うものです。