インドネシア共和国政府向け金融支援について
インドネシア共和国政府の債券市場を通じた資金調達に対する協力


2009年2月23日
株式会社日本政策金融公庫
国際協力銀行

国際協力銀行(JBIC)は、2月21日に末松信介 日本国財務大臣政務官とスリ・ムルヤニ・インドラワティ インドネシア財務大臣との間で、日本がインドネシア政府に対してJBICを通じた下記概要の最大15億ドル相当円の金融支援を行うことにつき基本合意がなされたことを受け、今後具体的な準備を進めていくことになりました。

~日本政府が発表した支援策概要~
  1. インドネシア政府が日本の債券市場で発行する円建て外債(サムライ債*1)に対し、JBICが保証を付与する形で金融支援を行う。
  2. また、インドネシアと世界銀行、アジア開発銀行等の開発パートナーとの間で検討されている緊急の資金需要に備えた共同融資のファシリティにも、JBICを通じて参加する用意がある。

これらの支援は、インドネシアにおける経済の安定及び国際的な金融市場の安定化に貢献すると期待されます。
JBICは、その業務分野の一つである「国際金融秩序の混乱への対処」のため、今般の金融支援に向けた準備を含め、多様な金融ツールを活用し、現下の世界的な金融不安への対処のための取組みを行う方針です

 

    1. *1 サムライ債は、海外の国や企業といった外国の発行体が日本国内で発行する債券で、発行時に日本円で払い込まれる、円建外債。
  1.  

 

ページの先頭へ