国際協力銀行職員になりすました不審なメールにご注意ください


2015年3月31日
株式会社国際協力銀行

最近、当行職員になりすました不審なメールの情報が寄せられています。これまでに、「国際協力銀行」「JBIC」などと表記して当行の職員を装い、個人の方へ送金や引き出し等を依頼したり、あたかも当行からの金銭の振込を受けとることができるような記載をして、IDやパスコード等を入力させようとする電子メール等が確認されております。当行では、電話・電子メール・訪問等により、当行とお取引のない個人の方に送金・引き出し・振込み等を依頼したり、口座番号や暗証番号をお聞きしたり、キャッシュカードや現金を預かったりすることは一切ございません。また、当行とお取引のない個人の方に、リンク先へ誘導することにより情報の入力を促すことも一切ございません。

万が一、上記のような電子メールや、発信元・内容等に心当たりのない電子メールを受信された場合には、返信や転送をせず、また、添付ファイルやリンク先等を開かずに、メールごと削除されるようお願いいたします。返信をすることによって、詐欺・恐喝などの犯罪に巻き込まれるおそれがあるほか、添付ファイルやリンク先等を開くことによりウィルス感染、情報盗用等のおそれもあります。十分ご注意頂きますようお願い申し上げます 。

 

ページの先頭へ