インドネシア共和国において日本企業が実施する紳士服の製造・販売事業に対する融資
海外展開支援融資ファシリティの一環として、中堅・中小企業の海外事業展開を支援

  • 地域: アジア
  • 一般製造業・サービス業
  • 中堅・中小企業
  • 投資金融


2014年12月11日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、本日、「海外展開支援融資ファシリティ」*1の一環として、株式会社ファシック(本社:愛知県、代表取締役社長:柴田 一成、以下「ファシック」)のインドネシア共和国(以下「インドネシア」)法人PT. FASIC INDONESIA(以下「PTFI」)との間で、融資金額1,200千米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社滋賀銀行との協調融資によるもので、協調融資総額は1,761千米ドル相当です。
     
  2. 本件は、ファシックの子会社であるPTFIがインドネシアの西ジャワ州チアンジュール県で行う紳士服の製造・販売事業に必要な資金を融資するものであり、生産設備の増設に充てられるものです。
     
  3. ファシックは、1974年創業の、スーツやジャケット等の紳士服及び婦人服のリテーラー向けプライベート・ブランド開発を専門に扱う中小企業であり、主に大手紳士服量販店向けに製品の企画・製造及び納入を行っています。2011年3月、ファシックは、チャイナプラスワンの生産拠点として、安価で豊富な労働力に加えて、輸出先となる日本及び韓国へのアクセスにおける地理的優位性のあるインドネシアに、紳士服の生産拠点としてPTFIを設立しました。地産地消型ビジネスも見据えるファシックは、安定した経済成長に伴う内需の拡大により繊維製品市場の伸長が期待できるインドネシアにおいて、生産体制の強化による市場シェア拡大を企図しており、本融資は、こうしたファシックの海外事業展開への支援を通じて、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
     
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じ、インドネシア等の成長市場において、中堅・中小企業を含む日本企業の海外事業展開を金融面から支援していきます。
注釈
  1. *1 2014年7月1日付お知らせをご参照下さい。
ページの先頭へ