三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社のシンガポール共和国法人向け投資クレジットラインに基づく個別契約を締結
ファイナンス・リースを活用したベトナム社会主義共和国における中堅・中小企業の海外事業展開を支援

  • 地域: アジア
  • 一般製造業・サービス業
  • 中堅・中小企業
  • 投資金融

 
2016年2月26日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、本日、「海外展開支援融資ファシリティ」*1の一環として、三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社のシンガポール共和国法人Sumitomo Mitsui Trust Leasing (Singapore) Pte.Ltd.(以下「SMTLS」)との間で、融資金額約87千米ドル(JBIC分)限度の貸付契約を締結しました。これは、SMTLSと締結済の本邦中堅・中小企業の海外事業展開支援のための投資クレジットライン*2に基づく個別契約です。なお、本融資は、民間金融機関との協調融資によるもので、協調融資総額は約125千米ドルです。
     
  2. 本融資は、中村精密工業株式会社(本社:東京都)のベトナム社会主義共和国(以下「ベトナム」)法人であるNAKAMURA VIETNAM CO., LTD.が実施する小型精密部品の製造・販売事業に必要な設備を、SMTLSからファイナンス・リースで調達する際に必要な資金に充てられます。
     
  3. 近年、ベトナムでは日本企業の進出が増加しており、中堅・中小企業の投資意欲も高まっています。これに伴い、同国におけるこれら中堅・中小企業の設備投資においても、ファイナンス・リースの利用に対する関心・需要が高まってきています。本融資は、こうした中堅・中小企業のファイナンス・リースに必要な長期外貨資金を、SMTLSと締結済のクレジットラインに基づいて機動的に供給することで、日本の中堅・中小企業の海外における事業展開を支援し、日本の産業の国際競争力の維持及び向上に貢献するものです。
     
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、日本の産業の国際競争力の維持・向上の観点から、中堅・中小企業の海外事業展開を金融面から支援していきます。
注釈
  1. *1 2014年7月1日付お知らせをご参照下さい。
  2. *2 2015年10月5日付プレスリリースをご参照ください。
ページの先頭へ