ブラジル連邦共和国Tartaruga Verde及びTartaruga Mestica油田向けFPSO傭船事業に対するプロジェクトファイナンス
海外展開支援融資ファシリティの一環として、日本企業の海洋資源分野事業及び国際競争力の強化を支援

  • 地域: 中南米
  • 航空機・船舶
  • 資源
  • [プロジェクトファイナンス]
  • 投資金融


2015年9月10日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、本日、「海外展開支援融資ファシリティ」*1の一環として、三井海洋開発株式会社(以下「MODEC」)が三井物産株式会社、株式会社商船三井及び丸紅株式会社と共に出資するオランダ王国法人Tartaruga MV29 B.V.(以下「TARMV29」)との間で、融資金額約252百万米ドル(JBIC分)を限度とするプロジェクトファイナンス*2による貸付契約を締結しました。本融資は、ブラジル連邦共和国(以下「ブラジル」)の国営石油会社Petróleo Brasileiro S.A.(以下「ペトロブラス」)が権益を有するブラジル沖合Tartaruga Verde及びTartaruga Mestica油田*3開発のためのペトロブラス向けFPSO*4長期傭船サービス事業を対象としており、株式会社三井住友銀行(幹事行)、株式会社みずほ銀行、ING Bank N.V.、 Oversea-Chinese Banking Corporation Limited、Clifford Capital Pte. Ltd.、株式会社三菱東京UFJ銀行、DVB Bank SE、Natixis、Société Générale、三菱UFJ信託銀行株式会社、三井住友信託銀行株式会社及びCrédit Industriel et Commercialとの協調融資によるもので、協調融資総額は約1,263百万米ドルです。
     
  2. 本プロジェクトは、MODECがFPSO1基(生産能力:原油15万バーレル/日、ガス176百万立方フィート/日、原油貯蔵能力約160万バーレル)を建造し、TARMV29が20年間に亘り、ペトロブラスに対して傭船サービス(リース及び運転・保守点検等のオペレーション)の提供を行うものです。
     
  3. 近年、各国石油会社が海底油田の開発を積極的に進める中、南米(主にブラジル)、西アフリカ地域を中心に新規FPSO需要の拡大が見込まれており、ブラジルにおいて多数の海底油田開発を手掛けるペトロブラスは、同開発への注力を明言しています。MODECはブラジルをFPSO事業の有力マーケットと位置付けており、本プロジェクトはMODECが関与する9隻目のペトロブラス向けFPSO傭船事業です。
     
  4. 海洋基本計画*5では、日本周辺海域に相当量の賦存が期待されるメタンハイドレートについて、「平成30年代後半に、民間企業が主導する商業化のためのプロジェクトが開始されるよう、国際情勢をにらみつつ、技術開発を進める。」とされています。本プロジェクトを通じ、日本の海洋エネルギー事業者が、海洋資源開発に不可欠なFPSOの傭船サービスを継続して提供することは、FPSOの操業に係る技術供与・ノウハウの向上に資するものです。また、これらを通じ、日本企業の海洋資源開発分野における国際競争力の維持・向上が図られ、日本近海における海洋資源開発を含めた日本の資源の確保及び安定供給に貢献することも期待されます。
     
  5. JBICは、日本の公的金融機関として、海洋基本法及び海洋基本計画を踏まえ、重要資源の開発・取得の促進及び日本の海洋産業の国際競争力の維持・向上を念頭に、今後も海洋資源開発の活発なブラジルやアフリカ地域を含む海外における日本企業の事業展開を金融面から支援していきます。
注釈
  1. *1 2014年7月1日付お知らせをご参照下さい。
  2. *2 プロジェクトファイナンスとは、プロジェクトに対する融資の返済原資を、そのプロジェクトの生み出すキャッシュ・フローに限定し、プロジェクトの現地資産等のみを担保として徴求する融資スキームのことです。
  3. *3 いずれもリオデジャネイロ州マカエ市沖合南東約125㎞に位置するCampos盆地ポストソルト層にある巨大油田です。
  4. *4 FPSO:Floating Production Storage and Offloading Systemの略です。浮体式の原油の一次処理(井戸元より生産された原油から、随伴ガス、水を分離すること)・貯蔵・積出のための設備です。
  5. *5 2007年7月に施行された海洋基本法に基づき策定され、2013年4月に見直しの上、閣議決定されました。
ページの先頭へ