中華人民共和国国家開発銀行株式有限公司と覚書を締結
日本企業の中国及び第三国における新規ビジネス機会の拡大を支援

  • 地域: アジア
  • その他

 
2017年3月9日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:近藤 章)は、8日、中華人民共和国(以下「中国」)国家開発銀行株式有限公司(China Development Bank Corporation、以下「中国開銀」)との間で業務協力協定を締結しました。本協定は、中国及び第三国における日本企業の輸出・投資等の拡大に向けて、JBICと中国開銀の協力関係の強化等を目的としたものです。
     
  2. 中国開銀は、中国国内でのインフラ等の国家プロジェクトに対する出融資等を目的として設立された国務院に直属する“開発性政策銀行”です。近年、持続的な安定成長を目指す中国政府の方針及び中国企業の海外進出の活発化を踏まえ、中国開銀は海外の開発プロジェクトに対する支援も行っています。多くの日本企業が中国及び第三国に進出しビジネスを展開している中、JBICが本協定を通じ、中国及び第三国で積極的に事業展開を行う中国開銀との協力関係を強化することは、日本企業の新規ビジネス機会の拡大に繋がることが期待されます。
     
  3. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能を通じて、日本企業の中国及び第三国における新規ビジネス機会の拡大を金融面から支援していきます。
     
ページの先頭へ