インドでの日本企業によるコイルセンター事業に対する融資
日本企業の鋼材流通加工事業の海外展開を支援

  • 地域: アジア
  • 一般製造業・サービス業
  • 投資金融

 
2016年 9月30日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:近藤 章)は、本日、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社(以下「伊藤忠丸紅鉄鋼」)が出資するインド法人JSW MI STEEL SERVICE CENTER PRIVATE LIMITED(以下「JSWMI」)との間で、融資金額約6百万米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約を締結しました。本融資は株式会社みずほ銀行との協調融資によるもので、協調融資総額は約10百万米ドルです。
     
  2. 本件は、伊藤忠丸紅鉄鋼がインドの大手鉄鋼メーカーであるインド法人JSW Steel Limitedとの折半出資で設立したJSWMIが、インド北部においてコイルセンター(鋼材流通加工拠点)事業を行うために必要な設備資金等を融資するものです。
     
  3. 日系自動車メーカーや電機メーカーの進出が進むインドにおいては、高品質な鋼板の現地調達ニーズが拡大しています。伊藤忠丸紅鉄鋼は、インド北部に進出する日系メーカーを始めとして、現地に高品質な鋼板を安定的に供給することを通じて、インドにおける新たなビジネス展開を企図しています。本融資は、伊藤忠丸紅鉄鋼のインドにおけるコイルセンター事業への支援を通じて、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
     
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じて、日本企業の海外事業展開を金融面から支援していきます。
ページの先頭へ