株式会社中国銀行向け投資クレジットライン設定のための一般協定締結
地域金融機関との連携により中堅・中小企業の海外事業展開を支援

  • 地域: その他
  • その他
  • 中堅・中小企業
  • 投資金融

 
2017年11月27日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:近藤 章)は、本日、「海外展開支援融資ファシリティ」*1の一環として、株式会社中国銀行(頭取:宮長 雅人、以下「中国銀行」)との間で、中堅・中小企業の海外事業展開支援を企図した投資クレジットライン設定のための一般協定を締結しました。本クレジットラインの設定枠は30百万米ドル限度となります。
     
  2. 本件は、日本の中堅・中小企業が開発途上地域で事業展開を行う際の必要資金を対象とした融資枠(クレジットライン)を中国銀行に設定し、同行を通じて、これら中堅・中小企業やその海外現地法人に対し、米ドル建の中長期資金を融資するものです。
     
  3. 近年、経済のグローバル化が急速に進む中、中堅・中小企業を含む多くの日本企業が、アジア地域をはじめとする新興国を中心に拡大する海外需要の取り込みを図るため、海外直接投資を進めており、同時に米ドルに対するニーズも高まっています。
     
  4. こうした中、JBICは、岡山県を主な営業基盤とし、中堅・中小企業との幅広い取引関係を有し、日本企業の海外展開支援に積極的に取り組んでいる中国銀行を通じて、中長期の米ドル建資金を供与することにより、これら中堅・中小企業の海外事業展開に係る資金ニーズに適切且つ迅速に対応することを企図しています。
     
  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、日本の産業の国際競争力の維持・向上の観点から、民間金融機関と連携しつつ、中堅・中小企業の海外事業展開を金融面から支援していきます。
     
注釈
  1. *1 2016年6月21日付お知らせをご参照ください。
  2.  
ページの先頭へ