国際協力銀行(JBIC)のアフリカ支援実績
TICAD IVから2年半を経過して


2008年5月に横浜で開催された第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)にて、JBIC全体でアフリカ向けに今後5年間で総額25億ドルの金融支援(出融資・保証)を実施する*1旨、日本政府より表明されました。

TICAD IVから約2年半が経過し5年間という期間の中間点を迎えたところ、TICAD IV降のJBICのアフリカ支援*2につき紹介します。

金融支援

TICAD IV以降の承諾実績

JBICは、日本企業のビジネスやアフリカ諸国の成長を支援すべく、TICAD IV以降、アフリカにおけるインフラ整備や資源開発関連プロジェクト等向けに、2010年10月31日時点で約20億ドル相当のアフリカ向け金融支援を承諾しました。

(参考)TICAD IV以降アフリカ向け主要案件

年月 対象国 概要
2008年7月 南アフリカ 鉱物資源(レアメタル)生産地域である南アフリカ北東部州での送配電網敷設プロジェクト向け融資及び保証
2008年9月 エジプト エジプト洋上での天然ガス田開発等プロジェクトに対する日本企業の掘削リグ投資事業向け融資
2009年3月 南アフリカ 南アフリカ進出日系企業が利用する同国南部ダーバン港の港湾拡張プロジェクト向け融資及び保証
2009年7月 タンザニア タンザニア連合共和国におけるマラリア防疫用蚊帳の増産プロジェクトに対する融資
2009年10月 南アフリカ 南アフリカ・スタンダードバンクとの間で貿易金融支援に関する貸付契約に調印
2010年8月 エジプト エジプト/ERC製油所プロジェクト向けバイヤーズ・クレジットの供与
2010年9月 エジプト エジプト・アラブ共和国地下鉄建設プロジェクトに対する輸出金融の供与

アフリカ投資ファシリティ

日本企業のアフリカへの進出を支援するために、事業への出資、民間融資への保証、アドバイザリー業務等を積極的に行うことができるよう、JBICは2009年4月1日「アフリカ投資倍増支援基金(アフリカ投資ファシリティ)」*3を創設しました。

2010年2月25日には、アフリカ投資ファシリティのもとでの取り組みとしてアフリカ諸国への現地通貨建融資を行うことを可能とするべく、アフリカ諸国等の現地通貨の通貨・金利スワップ等を提供するファンド「The Currency Exchange Fund (TCX)」への出資を実施しました。*4

アフリカ諸国政府・国際機関との連携・知的支援

アフリカ諸国政府との関係強化

2010年5月30日、JBICはエジプト・アラブ共和国政府(財務省)との間で、包括戦略パートナーシップに係る覚書を締結しました。*5

地域開発銀行との連携

2009年5月14日、JBICはアフリカ開発銀行(AfDB)との間で、日本とアフリカ諸国の双方にとって重要な天然資源・エネルギー開発、再生可能エネルギー開発、民間セクターの投資環境改善に資するインフラ整備、及び貿易促進プログラム等における金融面での両者の協力を強化するための覚書を締結しました。*6

また、JBICは、2010年5月27日、アフリカ輸出入銀行(Afreximbank)との間で業務協力関係の構築を目的とする覚書を締結しました。*7JBICは、本覚書に基づき日本からアフリカ向けの輸出等を、Afreximbankと協力しつつ積極的に支援する所存です。

政策提言書「Blue Book」

JBICはアフリカ諸国の投資環境改善のための政策提言書“Blue Book”を作成し、各国政府に対し手交しています。*8

2009年8月には、ナイジェリア共和国の首都アブジャにて、ヤラドゥア大統領(当時)にBlue Bookを手交しました。*9本提言書には2009年3月、ナイジェリアで政府関係者や現地進出日本企業の参加を得て開催した、現地ワークショップの結果を反映しました。

また、JBICは、各国政府関係者と協議を行い、Blue Book手交後の提言内容の実施状況にかかるフォローアップを実施しています。

今後のアフリカ向け取り組み

JBICは、2008年7月に新設されたアフリカ室を中心に関係国政府・関係各機関との協力関係を深めつつ、日本企業のアフリカ向け貿易・投資活動等を促進し、アフリカ諸国の民間部門の成長をさらに加速し確実なものとしていく考えです。

また、アフリカ投資ファシリティに加え、2010年4月より新たに加わった地球環境保全業務(GREEN)*10及び新規サムライ債発行支援ファシリティ(GATE)*11等、JBICとして打ち出している様々な金融ツールを活用し、引き続きアフリカ支援に積極的に取り組んでまいります。

注釈
  1. *1 2008年5月29日付「国際協力銀行(国際金融等業務)のアフリカ支援策について」を参照。
  2. *2 2009年6月23日付「国際協力銀行(JBIC)のアフリカ支援実績 ~TICAD IVから1年を経過して~」を参照。
  3. *3 会計上の勘定や基金を設けるものではなく、事業管理上の整理を行うもの。
  4. *4 2010年3月1日付「アフリカ諸国等開発途上国現地通貨の通貨・金利スワップ等を提供するファンドに出資」を参照。
  5. *5 2010年5月31日「エジプト・アラブ共和国政府との間で包括戦略パートナーシップに係る覚書を締結」を参照。
  6. *6 2009年5月15日付「アフリカ開発銀行と協力関係強化のための覚書を締結」を参照。
  7. *7 2010年5月28日付「アフリカ輸出入銀行と業務協力関係の構築を目的とする覚書を締結」を参照。
  8. *8 JBICはこれまでに、アフリカにおいて、ケニア、ウガンダ、タンザニアガーナザンビアナイジェリアの6カ国向けに、Blue Bookを作成。
  9. *9 2009年8月12日付「ナイジェリア連邦共和国政府に対する投資政策提言」を参照。
  10. *10 2010年4月1日付「地球温暖化の防止等の地球環境の保全を目的とする海外における事業に対する支援(「地球環境保全業務:GREEN」)」を参照。
  11. *11 2010年4月15日付「サムライ債発行支援ファシリティ(GATE)について(Guarantee and Acquisition toward Tokyo market Enhancement)」を参照。
ページの先頭へ