地方銀行等を対象に、第二回「JBICプロジェクトファイナンスセミナー」を開催


セミナー会場の様子

株式会社国際協力銀行(JBIC)は、2016年4月から計3回(各回2日間)にわたり、JBIC本店(東京都千代田区)において、地方銀行等を対象とした第二回「JBICプロジェクトファイナンスセミナー」を開催しました。本セミナーは、昨年開催した第一回セミナーの内容を更に発展させると共に、地方銀行に加えて保険会社も対象として開催しました。

本行と地方銀行は従来より、中堅・中小企業の海外事業展開を支援するために協調して融資を行っているほか、セミナーや海外投資情報資料の提供等を通じて積極的な連携を進めています。また、地方銀行や保険会社とは近年、海外企業のリスクを取る形での協業機会も増加しており、今後プロジェクトファイナンス(PF)での協業にも広がっていくことが期待されています。このような環境の中、地方銀行・保険会社からのPFに関する知識習得ニーズに応えることを目的として第二回セミナーを開催し、各回とも約30名の地方銀行・保険会社の実務担当者に参加頂きました。

3回のセミナー内容としては、①PF市場動向やリスク分析、リスクコントロール手法を紹介する基礎編、②各案件審査ポイント等に焦点を当てた実践編、③JBICの融資事例をベースとしたケーススタディー編に分け、本行PF担当者が講演を行いました。特に、昨年度参加者から多くのご関心を頂いた海外PF案件の評価目線について、実例を用いてご説明しました。

<セミナー概要>
第1回:基礎編
(4月14日(木) 14:00~17:00 及び4月15日(金) 9:30~12:30)
① PF基礎
② リスク分析とリスクコントロール手法
第2回:実践編
(5月26日(木) 14:00~17:00 及び5月27日(金) 9:30~12:30)
①PF案件審査概論
② リスクコントロールの実際
第3回:ケーススタディー
(6月23日(木) 14:00~17:00及び6月24日(金) 9:00~12:00)
① インフラプロジェクト向けPFの実例
② 資源プロジェクト向けPFの実例
鉱物資源部による豪州ロイヒル鉄鉱山プロジェクトのケーススタディー
三宅PF協議会議長から閉会のご挨拶

セミナー終了後、JBIC PF協議会 三宅議長(電力・新エネルギー第1部長)より「新興国でのインフラニーズの高まりに伴い、長期資金のニーズは年々増加しています。PF実務は、実経験によるノウハウの蓄積が極めて重要です。今後も民間金融機関の皆さまとの一層の連携を図り、このようなニーズに対応していきたいと考えています」と閉会の挨拶がありました。また、セミナー後の懇親会では、冒頭、安間取締役が「今後も一層の協力ができるよう、実務・ノウハウの共有のみならず、人的交流も深めていきたい。」との期待を示しました。

セミナー参加者からは、「基本的な考え方から具体的な事例まで、審査目線を交えながらの解説で分かりやすかった」「実際の担当者による具体的な案件の説明が参考になった」「実際に取組む際の検討ポイントが明確になった」「懇親会も含めてJBIC職員や他の参加者と情報交換できたことも有意義であった」と言った感想を頂きました。

今後もJBICはセミナーの開催、講演等を通じて、日本企業の海外事業展開を支援するための様々な情報提供を行って参ります。

ページの先頭へ