JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

働き方改革基本計画(2018~2020年度)の公表について
全ての職員がそれぞれの価値観に合った働き方を選択できる組織を作ります

2018年7月27日
株式会社国際協力銀行
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、第3期中期経営計画(2018~2020年度)の取組目標の一つである「働き方改革の推進」を踏まえ、「働き方改革基本計画(2018~2020年度)」(以下「当計画」という。)を策定し、本日、当計画の概要を公表しました。JBIC公式HPの「JBICについて」より、働き方改革基本計画をご参照下さい。
     
  2. JBICの働き方改革は、「生き方への多様な価値観を持つJBICで働く全ての職員が、それぞれの価値観に合った働き方を選択可能な組織を作る」ことを目的としており、当計画も、職員の働くことの満足度向上や仕事のやりがい向上といった、JBICで働く職員の目線に立って策定されたものです。
     
  3. 当計画の下で、一人ひとりの職員がそれぞれの価値観に応じて働き方を選択できるよう、①キャリア形成の見直し、②柔軟な働き方(時間的・場所的制約への対応)及び③育児・介護等と仕事との両立支援の拡充を進めると共に、働き方を選択できるための基盤整備として④長時間労働の是正(残業時間の削減)及び⑤仕事の量の削減及び質の改善も同時並行的に進めます。
     
  4. JBICは、働き方改革の推進による組織基盤の強靭化を通じ、日本の公的金融機関として日本そして世界の未来への更なる貢献に努めていきます。
     
年度