JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

モルディブ共和国における上下水道運営事業向け融資
日本企業による水ビジネスの海外事業展開を支援

  • 地域: アジア
  • インフラ
  • 環境
  • 投資金融
報道発表/2009-82
2010年3月26日
 
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、本日、株式会社日立プラントテクノロジー(本社:東京都豊島区、執行役社長:住川 雅晴、以下「日立プラントテクノロジー」)がモルディブ共和国法人Male' Water and Sewerage Company Private Limited(以下「MWSC」)を通じて実施する、上下水道運営事業に係る貸付契約に調印しました。本件は、株式会社みずほ銀行との協調融資です。なお、本融資は、JBICの環境投資支援イニシアティブ(LIFE Initiative)*2に基づく上下水道分野への初の融資となります。
     
  2. 本融資は、日立プラントテクノロジーがモルディブ共和国の上下水道運営事業会社であるMWSCを通じて実施する、同国での上下水道運営事業を支援するものです。日立プラントテクノロジーは、海外において初の上下水道運営事業への参画となる本件を通じて、上下水道の運営・管理ノウハウの蓄積を図っていくところ、本融資には、こうした日本企業による水ビジネスのグローバル展開、総合水事業への事業拡大を後押しする意義があります。
     
  3. 「21世紀は水の世紀」といわれており、人口増加や新興国の経済発展に伴って世界各国で水不足や汚染が深刻化しています。このような状況下、日本企業のノウハウ等を活用してMWSCの上下水道運営事業を合理化することは、モルディブ共和国における水質改善、ひいては同国の投資環境改善や経済成長に貢献するものと期待されます。また、昨年12月に閣議決定された「新成長戦略」の基本方針には、アジアの持続可能な成長のエンジンとして、日本が強みを持つ水などのインフラ整備支援に官民あげて取り組む旨明記されており、本件は同基本方針にも沿った案件です。
     
  4. JBICは、今後も、水ビジネスをはじめ、日本企業の海外事業展開を金融面から支援していく方針です。
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2. *2 「環境投資イニシアティブ」については、2009年3月16日付けのお知らせをご参照下さい。
  3.  

 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス