JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

ロシア連邦ロシア貯蓄銀行と業務協力のための覚書を締結
日本企業のロシアにおける環境・省エネ事業への参画に向けた業務協力

  • 地域: ヨーロッパ
  • インフラ
  • 環境
  • その他
報道発表/2009-83
2010年3月26日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、25日、ロシア最大の商業銀行であるロシア貯蓄銀行(Savings Bank of the Russian Federation; 通称ズベルバンク)との間で、環境・省エネ分野における業務協力を目的とする覚書を締結しました。
     
  2. 本覚書は、JBIC及びズベルバンクが、ロシアにおける環境・省エネ分野での協力の可能性を検討していくことを目的としています。具体的には、Green Investment Scheme (GIS*2)等の京都メカニズムに基づく環境関連事業について、双方の情報・意見交換を緊密化し、当該事業に対する融資スキーム及び協調融資の可能性について検討することを取り決めています。
     
  3. 国際的な環境問題への関心の高まりとともに環境・省エネ事業が世界で拡大しています。わが国では「鳩山イニシアティブ」を発表し、官民を通じて気候変動対策に取り組む途上国への支援を実施していくことを表明しており、日本企業もこうした事業への取り組みを強化しています。ズベルバンクは、ロシアにおける排出権取引を行うロシア政府の代理機関に任命されており、環境・省エネ事業に対するプロジェクトに力を入れています。一方、JBICは、「JBICアジア・環境ファシリティ(通称:FACE)*3」や「環境投資支援イニシアティブ(通称:LIFE Initiative)*4」を通じて、海外で環境事業等に取り組む日本企業への支援を強化しており、今般のズベルバンクとの協力関係強化により今後日本企業のロシアにおける環境・省エネ事業への参画が促進されることが期待されます。
     
  4. JBICは今後も、国内外の関係機関との連携を深めながら、日本企業の環境・省エネ事業に係る海外展開支援に努めていきます。
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2. *2 グリーン投資スキーム(GIS)については「グリーン投資スキームに関する日本企業の見方について」をご覧ください。
  3. *3 2008年4月1日付プレスリリースをご参照下さい。
  4. *4 2009年3月16日付お知らせをご参照下さい。
  5.  
  6.  

 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス