JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

ブラジル石油公社向け超深海油田掘削リグ船(ドリルシップ)プロジェクトに対する融資・保証
超深海油田開発における日本企業の国際競争力強化・国際展開に貢献

  • 地域: 中南米
  • 資源
  • 航空機・船舶
  • 投資金融
  • 保証
  • プロジェクトファイナンス
報道発表/2009-92
2010年3月31日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、30日(ブラジル時間)、三井物産株式会社とブラジル石油公社(Petróleo Brasileiro S.A.、以下「ペトロブラス」)が出資するオランダ王国法人P&M Drilling International B. V.社(以下「P&M」)との間で、ブラジル連邦共和国内外の超深海油田掘削リグ船プロジェクトを対象とした、総額497百万米ドル限度のプロジェクトファイナンス*2の貸付契約に調印しました。本融資は、株式会社三菱東京UFJ銀行(幹事行)との協調融資であり、同行の融資部分に対しては、JBICが部分保証を供与します。
     
  2. 本プロジェクトは、ペトロブラスがブラジル国内外の所有鉱区にて実施する石油探鉱・開発プロジェクト向けに、P&Mが超深海油田掘削リグ船*3を建造・保有し、世界最大の油田掘削リグ船オペレーターであるトランス・オーシャン・グループを通じて、20年間に亘り深海掘削サービスの提供を行うものです。ペトロブラスは、「プレソルト」と呼ばれるブラジル沖の超深海油田開発を喫緊の経営課題としており、世界的に需給が逼迫している超深海用掘削リグ船の確保が必要となっています。本船は、ペトロブラスが日本企業(本件では、三井物産株式会社(以下「三井物産」))と共同で保有する第1号船となります。
     
  3. 一方、超深海油田掘削リグ船事業に関しては、ブラジルをはじめ世界各国にて超深海油田・ガス田の掘削需要が高まるなかで、今後の市場拡大が見込まれており、本邦関連企業も当該事業への本格参入を企図しています。本件では、三井物産が事業参画することに加え、本邦唯一の海洋掘削専門企業である日本海洋掘削株式会社(以下「JDC」)が三井物産の技術コンサルタントとして参画しました。JDCは、今後、世界的なリグ船市場における主要ユーザーの一社であるペトロブラスと関係強化を図ることにより、ペトロブラスが実施する超深海油田掘削事業への参画が期待されます。
     
  4. JBICは、日本企業の海外におけるビジネスの支援に向けて、今後とも具体的なニーズを踏まえ、多様な金融ツールを活用し、効果的な取組みを行う方針です。
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2. *2 プロジェクトファイナンスとは、プロジェクトに対する融資の返済原資を、そのプロジェクトの生み出すキャッシュ・フローに限定し、プロジェクトの現地資産等のみを担保として徴求する融資スキームのこと。
  3. *3 掘削リグ船:海洋での石油・ガスの試掘、探掘及び開発井の掘削を行う掘削装置。
  4.  

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス