JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

英領北海における油田権益取得に対する資源金融の供与
日本企業による油田権益保有企業の買収を支援

  • 地域: ヨーロッパ
  • 資源
  • 投資金融
報道発表/2009-91
2010年3月31日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、本日、住友商事株式会社(以下「住友商事」)との間で貸付契約に調印しました。本融資は、民間金融機関との協調融資です。
     
  2. 本件は、住友商事が、英領北海において複数の油田権益を保有している英国法人石油開発会社オレンジナッソー・ユーケー(Oranje-Nassau (U.K.) Ltd.)の発行済み株式100%を取得するために必要な資金を融資するものです。
     
  3. 住友商事は、英領北海を石油ガス開発事業の重点取り組み地域と位置付け、長年に亘り同地域において油田の探鉱・開発・生産事業を展開しています。今回取得した油田権益による生産量は石油換算日量約7,000バレルであり、住友商事は、今般取得した油田権益を基盤として、探鉱・開発・生産事業を推進し、英領北海における更なる事業の拡大を目指していく予定です。
     
  4. 英領北海は、原油の受入・処理設備・パイプラインなどのインフラが整備されていることから総合商社や石油資源開発会社など多くの日本企業が積極的に事業を展開しています。資源ナショナリズムの高揚や資源開発分野における中国、インドなど新興国の台頭を受け、日本にとって資源の安定確保が重要な課題となる中、本件は、日本の総合商社である住友商事が原油・ガスの安定的な生産が行われている同地域において複数の油田権益を取得するものであり、日本のエネルギー資源の確保や安定供給に寄与するものです。
     
  5. JBICは、今後も、日本の原油輸入先の中東依存の緩和、供給ソースの多角化としても重要な北海における日本企業の権益獲得を積極的に支援し、日本のエネルギー安全保障に貢献していきます。
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2.  

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス