JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

中国におけるコークス乾式消火設備導入プロジェクト向け貸付契約に調印
中国の製鉄所近代化に貢献

  • 地域: アジア
  • 環境
  • 事業開発等金融
報道発表/2010-3
2010年4月13日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、本日、中華人民共和国政府との間で、コークス乾式消火設備導入プロジェクトに対する総額約34億円を限度とする事業開発等金融の貸付契約に調印しました。
     
  2. 本プロジェクトは、同国遼寧省本渓市の製鉄所内のコークス消火設備*2について、従来の散水による冷却(湿式)に替えて、不活性ガスによる冷却を行い、併せて発電も行う乾式消火設備を建設するものであり、本融資はそのための資金として使用されます。
     
  3. 中国の多くの製鉄所ではコークス湿式消火設備が使用されており、エネルギーの低効率問題、コークス粉塵の飛散等の問題が生じております。日本では乾式消火設備が普及しており、こうした日本の技術が中国で活用されると日本の産業の国際競争力の維持・向上につながります。本プロジェクトにおいては、日本企業の技術が活用された乾式消火設備の導入が予定されており、また、今後本プロジェクトから排出権が創出された場合には、日本企業がこれを獲得できます。さらには、今後、中国国内で数多く予定されている同様のプロジェクトへの普及効果も見込まれることから、本融資を通じて、中国の製鉄セクターの効率改善ニーズを捉えた日本企業のビジネス機会創出等が期待されます。
     
  4. JBICは、今後も、様々な金融手法を活用しながら、中国と日本との緊密な経済関係の一層の深化・発展を促し、日本企業の国際競争力の維持・向上等を金融面から支援する方針です。
     
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2. *2 製鉄プロセスにおいて、コークス炉で乾留した赤熱コークスを高炉に装入する前に冷却する設備。

 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス