JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

ASEAN+3/Credit Guarantee and Investment Facilityの設立総会開催
ASEAN+3域内の企業の社債発行を支援

  • 地域: アジア
  • その他
報道発表/2010-49
2010年11月25日
  1. 本日、中国人民共和国の西安にてCredit Guarantee and Investment Facility(略称:CGIF)の設立総会が開催されました。国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、CGIFの資本総額7億米ドルのうち、2億米ドルを出資し、中国政府と並んでCGIFの最大出資者となっています。
     
  2. CGIFは、アジア開発銀行(略称:ADB)に設立される信託基金であり、ASEAN+3*2 全ての加盟国とADBが出資参加します。CGIFの主な業務は、ASEAN+3域内の企業が発行する社債に保証を供与することであり、CGIFの目的は、これを通じて域内債券市場の育成に貢献することにあります。
     
  3. CGIFの設立方針は、2009年5月のASEAN+3財務大臣会議にて確認されており、その後、各国財務省が参加するASEAN+3の事務レベルの会議で検討が重ねられてきました。同会議において、JBICもMASF*3(Market Access Support Facility)やGATE*4(Guarantee and Acquisition toward Tokyo market Enhancement)といった債券保証業務や企業審査に関する知見を活かして、CGIFの枠組み作りに貢献してきました。
     
  4. CGIFは、2003年にASEAN+3で合意されたアジア債券市場育成イニシアティブ(Asian Bond Markets Initiative:ABMI)における成果の1つであり、今後のASEAN+3域内の債券市場の発展に寄与することが期待されるとともに、域内債券市場の発展による域内の金融秩序混乱の予防に資することが期待されます。
     
  5. JBICは引き続き多用な金融ツールの活用や知的貢献を通じて、国際金融秩序の混乱を未然に防ぐための支援に取組んで参ります。
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2. *2 ブルネイ・ダルサラーム国、カンボジア王国、中華人民共和国、インドネシア共和国、日本、大韓民国、ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー連邦、フィリピン共和国、シンガポール共和国、タイ王国、ベトナム社会主義共和国
  3. *3 2009年5月3日付け「サムライ債発行支援ファシリティについて」のお知らせをご参照下さい。
  4. *4 2010年4月15日付けのプレスリリースをご参照ください。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス