JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

カナダグランドキャッシュ炭鉱権益取得プロジェクトに対する資源金融供与
日本のエネルギー資源の確保及び安定供給に貢献

  • 地域: 北米
  • 資源
  • 投資金融
報道発表/2011-86
2012年3月30日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、本日、丸紅株式会社(以下「丸紅」)との間で、融資金額169,400千米ドル(JBIC分)の貸付契約に調印しました。本融資は、民間金融機関との協調融資によるもので、JBICの「円高対応緊急ファシリティ」*2の下での資源・エネルギーの確保・開発の促進に係る案件です。
     
  2. 本融資は、丸紅のカナダ現地法人Marubeni Coal Canada Ltdが、カナダで操業中のグランドキャッシュ炭鉱を保有するカナダ法人Grande Cache Coal Corporationの株式の40%を取得するために必要な資金を融資するものです。本件は、アルバータ州グランドキャッシュ地区に位置する露天・坑内掘り炭鉱から原料炭(少量の一般炭も産出)を採掘するもので、生産規模は2012年の170万トン/年から2016年には360万トン/年になる見込みです。生産された原料炭は、日本の高炉メーカーやコークスメーカーに対して、長期にわたり供給される予定です。
     
  3. 原料炭は世界的にも資源量が希少である一方、鉄鋼原料として不可欠なものであるため、適正な価格で必要量を確保することが課題となっています。グランドキャッシュ炭鉱から産出される原料炭は、これまで日本を中心にアジアや欧州の高炉メーカー及びコークスメーカーに供給されており、今後も生産量の増加を踏まえ日本向けの供給量を増やすことが計画されております。このように、本プロジェクトは日本が原料炭を安定的に確保する上で重要な意義を有しています。
     
  4. JBICは今後も、日本企業による鉱物資源やエネルギー資源などの開発・取得の促進を積極的に支援していく所存です。
     
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2. *2 2011年9月22日付お知らせをご参照下さい。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス