JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

ロシア開発対外経済銀行に対する輸出金融供与について
ロシア連邦法人Ammoni社に対する尿素肥料製造プラント設備一式の輸出を支援

  • 地域: ヨーロッパ
  • 一般機械・設備
  • 輸出金融
報道発表/2011-17
2011年6月20日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、17日、ロシア開発対外経済銀行(Vnesheconombank、略称VEB)との間で、総額1,008,550千米ドルを限度とする貸付契約に調印しました。本融資は、株式会社三井住友銀行及び株式会社三菱東京UFJ銀行との協調融資です。
     
  2. 本融資は、ロシア連邦法人JSC Ammoni社が、ロシア連邦タタルスタン共和国メンデレフスク市において尿素肥料製造プラントを建設するにあたって、三菱重工業株式会社及び双日株式会社等よりプラント機器等を購入するための資金を供与するものです。
     
  3. ロシア経済は、世界的な金融危機の影響により2009年に大幅なマイナス成長に陥りましたが、2010年以降、設備投資や個人消費の持ち直し等により緩やかに景気回復が進んでおり(2010年の実質GDP成長率:4.0%(IMF予測))、日本企業は長期的に有望な事業展開先として、同国に関心を寄せています*2。本プロジェクトは、ロシアの豊富な天然ガス資源の有効活用に資するものであり、肥料製造設備等を輸出する日本企業のロシアにおける今後のビジネス機会増大に繋がることも期待されます。
     
  4. JBICは、2009年5月にVEBとの間で締結した業務協力のための覚書*3に基づき、VEBと密接に協議を行ってきた結果、本融資の調印に至りました。JBICは今後も、本融資のような取り組みを通じ、日本企業のロシア向け輸出ビジネスの拡大を金融面から支援していく方針です。
     
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2. *2 JBICが2010年度に実施した「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告」において、長期的(今後10年程度)に有望な事業展開先として、ロシアは第5位となっています。
  3. *3 2009年5月13日付のプレスリリースをご参照ください。
     
  4.  

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス