JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

ベトナム国営石油ガスグループに対する輸出金融供与について
日本企業の発電所関連設備の輸出を支援

  • 地域: アジア
  • 一般機械・設備
  • 輸出金融
報道発表/2011-31
2011年8月12日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、本日、ベトナム国営石油ガスグループ(Vietnam Oil and Gas Group (Petrovietnam)、略称:PVN)との間で、総額約95.8百万米ドルを限度とする貸付契約に調印しました。本融資は、株式会社三井住友銀行との協調融資です。
     
  2. 本融資は、PVNが、ベトナム社会主義共和国中部ハティン省において石炭焚き火力発電所(2×600MW)を建設するにあたって、株式会社東芝及び双日株式会社のコンソーシアムにより、蒸気タービン等の設備一式を購入するための資金を供与するものです。
     
  3. JBICは、2010年6月にPVNとの間で業務協力のための覚書*2を締結しており、その後PVNが実施する電力等のインフラ分野におけるプロジェクトへの協力の可能性について両者で具体的な協議を行ってきた結果、今般、本案件の貸付契約調印に至りました。本件は、JBICによるPVN向けの第一号融資案件となります。
     
  4. ベトナムでは、堅調な経済成長を背景に電力需要が急増する一方、必要な発電所建設が追いつかず、電力需給が逼迫している状況です。ベトナム政府は、こうした状況を踏まえ、電力供給能力の拡充を国家の優先課題と位置付けており、国家電力開発マスタープラン(現在第7次)の下、自国資源の有効活用も踏まえた発電所の建設を推進しています。同マスタープランの達成のために、同国の主要国営企業グループであるPVNは、本プロジェクトを含め複数の発電所の建設を進めており、こうした取組みは安定した電力供給による同国の経済発展のみならず、現地進出日系企業の事業活動にも寄与することが期待されます。
     
  5. JBICは今後も、様々な金融手法を活用しながら、日本企業によるベトナム向け輸出や同国での事業への参画機会の拡大を金融面から支援して参ります。
     
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。 
  2. *2 2010年6月22日付プレスリリースをご参照下さい。
     

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス