JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

タイ投資委員会(BOI)と業務協力のための協定書を締結
日本企業が実施するタイ王国向け投資事業の推進支援

  • 地域: アジア
  • 一般製造業・サービス業
  • その他
報道発表/2011-36
2011年9月12日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、本日、タイ投資委員会(The Office of the Board of Investment、以下「BOI」)との間で、タイ王国(以下「タイ」)において日本企業が行う投資に関する情報交換等を目的とする業務協力協定書を締結しました。
     
  2. タイは、早い時期から日本企業にとって有望な海外進出先とされ、自動車、電機・電子機器、精密機械、食品加工等、製造業を中心に幅広い分野にわたって直接投資が行われてきており、現在タイに拠点を有している日本企業は1,300社を超える状況となっています。また、従来からの安価な労働力、組み立てメーカーへの供給拠点等といった進出理由に加え、近年は内需の拡大により、販売市場としての観点からも、タイは日本企業にとって依然重要な投資先と認識されており、JBICが昨年12月に発表した「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告(第22回)」*2においても中期的有望事業展開先国・地域で4位となっています。
     
  3. BOIは、タイの投資政策の決定から個別投資案件の認可等も行うタイ工業省傘下の投資誘致機関であり、同国の投資奨励業種や投資受入れ時の基本的な条件の決定を行っていることから、日本企業が同国で投資を行う上で極めて重要な役割を果たしております。
     
  4. 今回、両者が本協定書を締結し、日本企業のタイ向け投資事業に関する情報交換をはじめとして、緊密な連携がなされることで、同国での中堅・中小企業を含む日本企業の円滑な事業実施等に繋がることが期待されます。
     
  5. JBICは今後も、こうした取組みを通じて、日本企業の国際競争力の維持・向上を支援していきます。
     
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居 祥策)の国際部門です。
  2. *2 2010年12月3日付のプレスリリースをご参照ください。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス