JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

メキシコ合衆国での溶融亜鉛めっき鋼板製造・販売事業向け融資・保証
製鉄業界における日本企業の国際競争力強化・国際展開に貢献

  • 地域: 中南米
  • 一般製造業・サービス業
  • 投資金融
  • 保証
報道発表/2011-53
2011年12月1日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺博史)*1は、11月30日、メキシコ合衆国(以下「メキシコ」)法人TENIGAL, S.de R.L.de C.V.(略称「TENIGAL」)との間で、120百万米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約に調印しました。本融資は、株式会社三菱東京UFJ銀行(幹事行)、株式会社みずほコーポレート銀行、株式会社三井住友銀行との協調融資であり、民間金融機関の融資部分の一部に対しては、JBICが保証を供与します。協調融資総額は200百万米ドルです。
     
  2. 本融資は、新日本製鐵株式会社(以下「新日鐵」)及びルクセンブルク大公国法人TERNIUM S.A.の合弁会社であるTENIGALが、成長著しいメキシコでの自動車用鋼板需要に対応するべく、溶融亜鉛めっき鋼板(年産40万トン)を製造販売するものです。TENIGALが製造した溶融亜鉛めっき鋼板は、メキシコにおける日系及び欧米系自動車メーカーへ高級自動車用鋼板として販売される予定です。
     
  3. 世界レベルで鉄鋼業界の競争激化が進む中、新日鐵は鉄鋼事業のグローバル展開を重要な経営方針の一つとしており、本事業は、新日鐵にとって米国、ブラジル、中国に次ぐ海外での溶融亜鉛めっき鋼板事業であり、メキシコにおける自動車生産増に対応しようとするものです。本融資は、新日鐵の海外戦略を支援するものであり、日本の鉄鋼産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
     
  4. JBICは、今後も日墨両国間の緊密な経済関係の一層の深化・発展に貢献するとともに、日本企業の国際競争力の維持・向上を金融面から支援する方針です。
     
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居祥策)の国際部門です。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス