JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

南アジアのクリーンエネルギー事業を投資対象とするファンドに出資

  • 地域: アジア
  • 環境
  • 出資
報道発表/2011-56
2011年12月7日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺博史)*1は、6日、南アジア(インド、バングラデシュ、ネパール、スリランカ)のクリーンエネルギー事業を投資対象として、米国Global Environment Fund (GEF)*2がファンド運営会社を通じて運営するファンド(South Asia Clean Energy Fund, L.P.)に関する出資契約書に調印しました。当ファンドに対し、JBICは20百万米ドルを出資する予定です。
     
  2. 当ファンドは、南アジアの再生可能エネルギー事業、省エネ事業等(これらの分野における機器製造・サービス提供を含む)を投資対象とするプライベート・エクイティ・ファンドであり、地球環境保全業務(通称「GREEN」)*3の下での初の出資案件となります。当ファンドへの支援を行うことにより、温室効果ガスの削減に寄与し、地球環境の保全に貢献することが期待されます。
     
  3. JBICは、多用な金融ツールを活用し、今後も、日本及び国際経済社会の健全な発展並びに国民生活の向上に寄与するため、地球環境保全に向けた取り組み等を着実に実施していく方針です。

     
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居祥策)の国際部門です。
  2. *2 GEFは1990年に設立されたプライベート・エクイティ投資会社で、クリーンエネルギーや新興国市場等におけるプライベート・エクイティ・ファンドの先駆者として、約10億ドルの資産の運用を行っています。
  3. *3 2010年4月1日付お知らせをご参照下さい。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス