JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

ロシア開発対外経済銀行に対する輸出金融供与について
本邦中小企業の輸出ビジネスを支援

  • 地域: ヨーロッパ
  • 一般機械・設備
  • 輸出金融
報道発表/2011-62
2011年12月26日
  1. 国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺博史)*1は、22日、ロシア開発対外経済銀行(Vnesheconombank、略称:VEB)との間で、融資金額22,950千米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約に調印しました。本融資は株式会社三菱東京UFJ銀行(幹事行)との協調融資によるものであり*2、協調融資総額は38,250千米ドルです。
     
  2. 本融資は、ロシア連邦法人Amurskaya Lesopromyshlennaya Kompaniya LLC社(以下「Amurskaya社」)が橋本電機工業株式会社(以下「橋本電機工業」)より木材加工プラント機器一式を購入するための資金を、VEBを通じて供与するものです。
     
  3. 橋本電機工業(本社:愛知県高浜市)は、1946年の創業以来、合板製造用合理化機械の製造を中心に蓄積された技術力を活かし、建材生産設備や自動車生産設備等につき、設計、製造から施工までの全工程を一貫して提供する中小企業で、国内外から高い評価を得ています。今般、Amurskaya社はハバロフスク州の木材加工プラントに、橋本電機工業製のベニヤ板生産設備を導入することを決定しました。JBICは、Amurskaya社に対し当該設備一式を購入するための資金をVEBを通じて供与することにより、本邦中小企業の輸出を支援します。
     
  4. JBICは、2009年5月にVEBとの間で締結した業務協力のための覚書*3に基づき、VEBと密接に協議を行ってきた結果、尿素肥料製造プラント設備一式の輸出にかかる同行向輸出金融供与(本年6月調印)*4に引き続き、本融資の実現に至りました。JBICは今後も、こうした取り組みを通じ、中堅中小企業を含む本邦企業のロシアをはじめとする海外向け輸出ビジネスの拡大を金融面から支援していく所存です。
     
注釈
  1. *1 国際協力銀行(JBIC)は、株式会社日本政策金融公庫(総裁:安居祥策)の国際部門です。
  2. *2 株式会社三菱東京UFJ銀行の融資部分に対しては、独立行政法人日本貿易保険(NEXI)が貿易代金貸付保険を付保します。
  3. *3 2009年5月13日付のプレスリリースをご参照ください。
  4. *4 2011年6月20日付のプレスリリースをご参照ください。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス