JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

地球環境保全業務の下でのマレーシア法人RHB Bank Berhadに対するクレジットラインの設定
マレーシアにおける再生可能エネルギー及び廃棄物事業を支援

  • 地域: アジア
  • インフラ
  • 環境
  • 事業開発等金融
  • 保証
報道発表/2012-152
2013年3月28日
 
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:奥田 碩)は、本日、マレーシアの大手商業銀行であるRHB Bank Berhad(以下「RHB」)との間で、融資総額80百万米ドル(うちJBIC融資分48百万米ドル)を限度とするクレジットライン(事業開発等金融に基づく与信枠)設定に係る貸付契約を締結しました。本クレジットラインは、株式会社三井住友銀行(幹事行、以下「SMBC」)との協調融資であり、SMBCの融資部分の一部に対しては、JBICが保証します。
     
  2. 本クレジットラインは、地球環境保全業務(通称「GREEN」)*1の下、RHBを通じてマレーシアにおけるバイオマス発電等の再生可能エネルギー事業及び廃棄物事業に必要な資金を融資するものです。なお、JBICはRHBとの間で、2013年3月に戦略的パートナーシップに関する業務協力協定を締結しており*2、本件は同協定による両行の協力に基づき実現されたものです。
     
  3. マレーシア政府は、国連気候変動枠組条約や京都議定書を批准しており、2020年までに同国のGDPあたりの温室効果ガス排出量を、2005年比で40%削減するという数値目標を掲げる等、気候変動対策を積極的に進めています。また、マレーシアにおいては、固定価格買取制度をはじめとする再生可能エネルギー事業への助成制度の導入が進められるなど、環境関連のビジネス機会が広がりを見せています。こうした中、本クレジットラインは、温室効果ガスの排出削減に貢献するだけでなく、日本企業によるマレーシアの環境関連分野での事業機会の拡大にもつながることが期待されます。
     
  4. JBICは、今後とも、各国の地場金融機関などと連携しつつ、多様な金融ツールを活かした案件組成や、リスクテイク機能等を通じ、地球環境保全に向けた取り組みを金融面から支援していきます。
注釈
  1. *1 2010年4月1日付お知らせをご参照下さい。
  2. *2 2013年3月1日付プレスリリースをご参照下さい。

 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス