JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

日本企業による中国でのプラント機器の製造・販売事業に対する融資
本邦中堅・中小企業による海外での水関連ビジネス等を支援

  • 地域: アジア
  • 一般製造業・サービス業
  • 中堅・中小企業
  • 投資金融
報道発表/2012-13
2012年5月31日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:奥田 碩)は、本日、株式会社ナガオカ(本社:大阪府、代表取締役社長:三村 等、以下「ナガオカ」)に対して、融資金額200百万円(JBIC分)の貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社りそな銀行との協調融資であり、協調融資総額は300百万円です。
     
  2. 本件は、ナガオカが日立造船株式会社との合弁で、中国遼寧省大連市に那賀日造設備(大連)有限公司(以下「那賀日造」)を設立し、石油化学・精製や水処理関連のプラント機器の製造・販売事業を行なう予定であるところ、ナガオカの那賀日造向け出資資金を融資するものです。
     
  3. ナガオカは、元々、石油化学・精製プラントの改質・脱硫工程等における主要機器であるスクリーン・インターナルの分野で高い技術力を有していましたが、現在では、この技術を活かして、地下水などの取水設備や薬品を使用しない環境配慮型の水処理設備など、水関連インフラ事業にも進出しています。こうした中、高い経済成長を背景にインフラ整備需要が拡大しつつある中国市場の成長性を見据え、今般、那賀日造において石油化学・精製プラント用のスクリーン・インターナル及び水処理設備を製造し、中国に進出している外国のエンジニアリング会社や中国の地方政府等に納入することを企図しています。
     
  4. 中国をはじめとする新興国では、急速な経済成長が続く中、インフラ整備需要の増大が見込まれ、日本企業にとっても大きなビジネスチャンスとして期待されているところ、JBICは今後も、多様な金融ツールを活かした案件組成やリスクテイク機能等を通じ、中堅・中小企業を含む日本企業による海外インフラ事業等への参画を金融面から支援していく所存です。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス