JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

シンガポール共和国ハイフラックス・グループ向け海水淡水化プラント機器輸出に係るバイヤーズ・クレジット供与について
日本企業による海外水インフラ事業向け輸出を支援

  • 地域: アジア
  • インフラ
  • 環境
  • 一般機械・設備
  • 輸出金融
報道発表/2012-17
2012年6月14日
 
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:奥田 碩)は、本日、シンガポール共和国(以下「シンガポール」)法人Hyflux Ltd. *1(以下「ハイフラックス」)の100%出資子会社であるHydrochem (S) Pte Ltd.(以下「ハイドロケム」)との間で、融資金額7.2百万米ドル(JBIC分)を限度とするバイヤーズ・クレジット(輸出金融)の貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社みずほコーポレート銀行との協調融資によるもので、同行融資部分には独立行政法人日本貿易保険(NEXI)による貿易代金貸付保険が付保されます。協調融資総額は14.4百万米ドルです。
     
  2. 本融資は、ハイドロケムが、シンガポール西部テュアス地区に建設する同国最大規模の海水淡水化プラントに必要な主要機器(東レ株式会社製の逆浸透(RO)膜エレメント及び株式会社酉島製作所製の高圧ポンプ)を三井物産プラントシステム株式会社から購入するために必要な資金に充てられるもので、日本企業の水関連ビジネスにおける国際競争力の維持・向上に寄与するものです。
     
  3. 人口増加や経済活動の拡大に伴う水不足など、水問題への関心の高まりと共に、世界的に水関連ビジネスが拡大する中、JBICは、この分野での日本企業の海外事業展開を総合的に支援する観点から、2009年8月に、水関連事業を世界的に展開するハイフラックスとの間で業務協力のための覚書を締結しています*2。本件は、本覚書に基づくJBICのハイフラックス・グループに対する初の融資となります。
     
  4. JBICは、今後も世界の水関連事業に関わる国内外の関係機関等とも連携しつつ、様々な金融手法を活用した案件組成やリスクテイク機能等を通じ、日本企業による水関連のプラント機器等の輸出や海外事業展開を金融面から支援して参る所存です。
注釈
  1. *1 ハイフラックスは、水処理施設の建設・運営管理、水道事業等、水関連事業全般を手掛ける世界有数の企業であり、東南アジア、中国、インド、中東及び北米等、世界的に事業を展開しています。
  2. *2 2009年8月20日付プレスリリースをご参照下さい。

 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス