JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

米国でのシェールオイル開発に対する資源金融供与
日本企業によるシェールオイル開発事業を支援

  • 地域: 北米
  • 資源
  • 投資金融
報道発表/2012‐25
2012年7月20日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:奥田碩)は、本日、日揮株式会社(以下「日揮」)の100%出資子会社である米国法人JGC Exploration Eagle Ford LLC(略称:JEEF)との間で、融資金額49百万米ドル限度(JBIC分)の貸付契約に調印しました。本融資は、民間金融機関との協調融資によるもので、JBICの「円高対応緊急ファシリティ」*1の下での資源・エネルギーの確保・開発の促進に係る案件であるとともに、JBICとして初のシェールオイル案件向け融資となります。協調融資総額は70百万米ドルです。
     
  2. 本融資は、日揮がJEEFを通じて10%の権益を有する米国テキサス州のイーグルフォード・シェールオイル鉱区において、シェールオイルを開発・生産するために必要な資金を融資するものです。
     
  3. シェールオイルは、頁岩(けつがん)層内に貯留された原油で、シェールガス同様、北米や欧州、豪州等地球上の広い地域に賦存していることが確認されており、米国では本件を含め、多くの開発事業が行われていますが、本プロジェクトのオペレーターである米国石油ガス開発会社Chesapeake Energy Corporationは、米国内シェールオイル・シェールガス生産のオペレーターとして豊富な操業実績を有しています。
     
  4. 本件は、近年米国を中心に開発が進み、今後の生産拡大が期待されるシェールオイル開発事業への日本企業の参画を金融面から支援するものですが、本事業を通じて日本企業がシェールオイル開発に関するノウハウを取得することは、今後の米国はじめ海外でのシェールオイル事業への参画機会拡大にも資するものと考えられ、日本企業による権益取得を通じた自主開発比率の向上により将来的に日本のエネルギー安全保障にも寄与するものと期待されます。
     
  5. JBICは今後も、様々な金融手法を活用した案件組成やリスクテイク機能等を通じて、日本企業によるエネルギー資源の開発や取得の促進を積極的に支援していく所存です。
注釈
  1. *1 2011年9月22日付お知らせをご参照下さい。
  2.  

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス