JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

台湾法人鴻海精密工業向け輸出クレジットラインの設定及び個別貸付契約の調印
日本企業による工作機械の輸出を機動的に支援

  • 地域: アジア
  • 一般機械・設備
  • 輸出金融
報道発表/2012-105
2012年12月17日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:奥田 碩)は、今般、台湾法人鴻海精密工業股份有限公司(以下「鴻海精密工業」)との間で、融資金額4,250百万円(JBIC分)を限度とする輸出クレジットライン*1設定のための一般協定*2及び、本クレジットラインの下での第1号案件として、融資金額約2,059百万円(JBIC分)の個別貸付契約に調印致しました。本クレジットラインは、民間金融機関との協調融資*3によるもので、協調融資総額は8,500百万円です。なお、 第1号案件は、アイエヌジーバンク エヌ・ヴイ東京支店との協調融資によるもので*4、協調融資総額は4,117百万円です。
     
  2. 本クレジットラインは、電子機器製造サービス企業世界最大手である鴻海精密工業が、日本製工作機械を購入するための資金に係る融資枠(クレジットライン)を同社に対して設定するものです。
     
  3. 鴻海精密工業は、世界のコンピューター、通信、エレクトロニクス分野の大手企業を顧客に有し、これら企業へ高精度な製造サービスを行うために、日本製の工作機械を従来より継続的に購入しています。本件は、機動的な資金調達が可能となるクレジットラインの設定を通じて、鴻海精密工業の設備投資ニーズに迅速且つ柔軟に対応し、日本製工作機械の更なる輸出拡大を促進することで日本の産業の国際競争力の維持・向上に寄与するものです。
     
  4. JBICは今後も様々な金融手法を活用した案件組成やリスクテイク機能等を通じて、日本企業による機械・設備等の輸出や海外事業展開を金融面から積極的に支援していく所存です。
注釈
  1. *1 輸出クレジットラインは、輸出金融の一形態であり、日本からの設備の輸出を促進するため、あらかじめ一定金額の融資枠を設けておくものです。
  2. *2 本件の輸出クレジットライン設定のための一般協定は、2012年12月7日に締結済みでしたが、2012年12月14日、本クレジットラインにおける第1号案件の個別貸付契約を締結したことから、これらを合わせてプレスリリースを行ったものです。
  3. *3 民間金融機関の融資部分に対しては、独立行政法人日本貿易保険(NEXI)が貿易代金貸付保険を付保する予定です。
  4. *4 アイエヌジーバンク エヌ・ヴイ東京支店の融資部分に対しては、独立行政法人日本貿易保険(NEXI)が貿易代金貸付保険を付保します。
  5.  

 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス