JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

本邦企業による海外リース子会社の完全子会社化に係る融資
円高対応緊急ファシリティに基づき日本企業の海外M&Aを支援

  • 地域: アジア
  • 一般製造業・サービス業
  • 投資金融
報道発表/2012-116
2012年12月28日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:奥田 碩)は、本日、「円高対応緊急ファシリティ」*1の一環として、オリックス株式会社(以下「オリックス」)が、インドにおいて自動車リースや、レンタカー事業等を行う同国法人ORIX AUTO INFRASTRUCTURE SERVICES LIMITED(以下「OAIS」)の完全子会社化に必要な資金の一部として、オリックスとの間で、融資契約を締結しました。
     
  2. オリックスは、1995年に現地パートナーとの共同出資によりOAISを設立し、インドにて自動車リースや、レンタカー事業等を展開してきましたが、今般の株式取得を通じて、持分法適用会社であるOAISを完全子会社化することにより、OAISが有する営業権・営業網を取り込み、成長著しいインド市場における事業基盤を一層強化することを企図しています。
     
  3. オリックスは今次買収により、今後の成長が見込まれるインド市場において、リース事業の一層の拡大を進めていく方針であり、本融資は、オリックスの海外事業展開を支援するものです。
     
  4. JBICは今後とも、様々な金融手法を活用し、日本企業による海外M&Aに必要な長期外貨資金を供給し、日本企業の海外事業展開を金融面から支援していきます。
注釈
  1. *1 2011年9月22日付お知らせ2012年8月31日付お知らせ及び2012年12月5日付お知らせをご参照下さい。
  2.  

 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス