JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

オランダ王国法人MUR Shipping Holdings B.V.向け船舶輸出バイヤーズ・クレジット
本邦造船所が建造するばら積み船輸出を支援

  • 地域: 中南米
  • 航空機・船舶
  • 輸出金融
2014年1月10日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、本日、オランダ王国法人MUR Shipping Holdings B.V.(以下「MUR」)と米国法人J.P. Morgan Global Maritime Investment Fund L.P.の折半出資会社であるInternational Strategic Shipping Investments B.V.の100%出資子会社であるバハマ国法人African Kite Shipping Co., Ltd.(以下「AKS」)との間で、ばら積み船1隻の購入資金を対象とする融資金額約12.3百万米ドル(JBIC分)を限度とする船舶輸出バイヤーズ・クレジットの貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社みずほ銀行(幹事行)及び株式会社伊予銀行との協調融資(協調融資総額約24.6百万米ドル)であり、民間金融機関融資部分には独立行政法人日本貿易保険(NEXI)による貿易代金貸付保険が適用されます。
     
  2. 本件の実質的な船舶購入者であるMURは、100隻以上のばら積み船を擁するグローバルな海運オペレータであり、本融資では、本邦造船会社である今治造船株式会社が日本国内の造船所で建造する61,000重量トン(DWT)*1のばら積み船1隻を伊藤忠商事株式会社を通じてAKSが購入する資金に充てられます。
     
  3. 本融資は中堅・中小企業を含む関連産業を含め、地域経済において大きな役割を果たしている本邦造船所建造船舶の輸出を金融面から支援し、日本の造船業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
     
  4. JBICは今後も、一般社団法人日本造船工業会とも連携しつつ、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じて、本邦造船所建造船舶の輸出を金融面から支援していきます。 
注釈
  1. *1 Dead Weight Tonnage(載貨重量トン数)の略で、その船に積み込むことのできる貨物・燃料・食糧・飲料水・乗員及び所持品などの合計重量です。
     

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス