モンゴル国において日本企業が実施する太陽光発電事業に対する融資
海外展開支援融資ファシリティの一環として、中堅・中小企業の海外事業展開を支援

  • 地域: アジア
  • 中堅・中小企業
  • 環境
  • 投資金融

 
2017年3月31日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:近藤 章)は、本日、「海外展開支援融資ファシリティ」*1の一環として、ファームドゥ株式会社(本社:群馬県、代表取締役:岩井 雅之、以下「ファームドゥ」)のモンゴル国(以下「モンゴル」)法人Everyday Farm LLC (以下「EDF」)との間で、融資金額8.5百万米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社東和銀行との協調融資によるものであり、協調融資総額は約12.1百万米ドル相当です。
     
  2. 本件は、EDFがモンゴルのウランバートル市において行う、太陽光発電事業に必要な資金を融資するものであり、EDFは今後20年間に亘ってモンゴル国営送配電会社に対して売電します。
     
  3. ファームドゥは、農業用資材及び農産品や各種食品の販売、太陽光発電による売電事業を行う中小企業であり、近年では太陽光発電と野菜の生産を同時に行うソーラーファーム事業にも力を入れています。クリーンエネルギー及び新鮮な農産品に対する需要拡大が見込まれるモンゴルにおいて、ファームドゥはEDFを通じたソーラーファーム事業の拡大を企図しています。本融資は、こうしたファームドゥの海外事業展開への支援を通じて、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
     
  4. 我が国政府は、気候変動対策への取組みとして2015年12月にCOP21で「美しい星への行動 2.0(ACE2.0)」を発表しており、二国間クレジット制度(JCM)を通じた優れた低炭素技術の普及を促進しています。本件は環境省のJCM設備補助事業に採択されているところ、こうした我が国政府の施策にも合致するものとして、本融資はJBICとして初めてのJCM事業への支援となります。
     
  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じ、アジア等の成長市場における中堅・中小企業を含む日本企業の海外事業展開を金融面から支援していきます。
     
注釈
  1. *1 2016年6月21日付お知らせをご参照下さい。
  2.  
ページの先頭へ