JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

バーレーン王国法人Aluminium Bahrain B.S.C.向け輸出クレジットラインの設定
日本企業によるアルミニウム製錬所関連設備の輸出を機動的に支援

  • 地域: 中東
  • 資源
  • 輸出金融
2019年1月22日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、今般、バーレーン王国(以下「バーレーン」)法人Aluminium Bahrain B.S.C.(以下「Alba」)との間で、融資金額45百万ユーロ(JBIC分)を限度とする輸出クレジットライン*1設定のための一般協定書を締結しました*2。本クレジットラインは、BNPパリバ銀行東京支店(幹事行)との協調融資によるもので、同行融資部分には株式会社日本貿易保険(NEXI)による保険が付保されます。協調融資総額は90百万ユーロです。
      
  2. 本件は、中東地域で最大級のアルミニウム製錬会社であるAlbaがアルミニウム製錬所拡張を実施するにあたって、富士電機株式会社(以下「富士電機」)及び住友商事株式会社(以下「住友商事」)から設備一式を購入するために必要な資金を融資するものです。富士電機からはアルミニウムの製錬工程の電源供給に必要な世界最大の整流器及び付帯設備を、住友商事からは製錬工程にて使用するSECカーボン株式会社製炭素陰極を納入します。
      
  3. バーレーンは、石油資源に依存しない国づくりに必要な産業の多角化を図るべく、石油産業以外の製造業発展による経済成長を目指しています。同国の中長期的な政策方針である「Economic Vision 2030」(2008年策定)では製造業発展の方針を表明し、また、同国政府機関であるバーレーン経済開発委員会(Bahrain Economic Development Board)は経済成長に向けた施策としてアルミニウム下流産業の発展に取り組むことを表明しています。本件はバーレーンのこうした政策に合致すると共に、日本製機械・設備等の更なる輸出拡大を促進することで、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
      
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じて、日本企業の機械・設備等の輸出や海外事業展開を金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
    輸出クレジットラインは、輸出金融の一形態であり、日本からの機械・設備等の輸出を促進するため、あらかじめ一定金額の融資枠を設けておくものです。
  2. *2 
    本一般協定書は2018年10月31日に調印済みですが、本日プレスリリースを行うものです。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス