JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

株式会社旭製作所による米国法人の買収資金を融資
成長投資ファシリティにより、中堅・中小企業の海外M&Aを支援

  • 地域: 北米
  • 中堅・中小企業
  • その他
  • 投資金融
 2020年3月31日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、本日、株式会社旭製作所(本社:熊本県、代表取締役社長:池田 靖之、以下「旭製作所」)との間で、融資金額1.4百万米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約を締結しました。本融資は「成長投資ファシリティ*1/海外展開支援ウインドウ」のもとで、株式会社肥後銀行との初の協調融資により実施されるもので、協調融資総額は2百万米ドル相当です。
      
  2. 本件は、旭製作所の子会社である米国法人AGI North America, Inc.(以下「AGI NA」)が米国法人H. S. MARTIN COMPANY, INC. (以下「MARTIN」)を買収する上で必要な資金を融資するものです。
      
  3. 1950年に創業した旭製作所は、企業・教育機関の研究開発等で使用する理化学用ガラス製品・装置*2の製造・販売を手掛ける中小企業です。特に、ガラスプラント*3については、国内で唯一製造している企業であり、世界でも売上ベースで上位3社に入ります。同社は、市場規模の大きい米国における事業拡大を企図し、2014年に米国に営業拠点としてAGI USA, Inc.*4を設立しました。今般、米国において理化学用ガラス製品・装置の製造・販売事業を実施するMARTINを買収することで、米国における現地生産拠点及び新たな顧客網の獲得を企図しています。
      
  4. 本融資は、中堅・中小企業による海外でのM&Aに必要な長期資金を供給することで、中堅・中小企業の海外における事業拡大や新たな事業展開を支援し、日本の産業の国際競争力の維持及び向上に貢献するものです。
      
  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、民間金融機関と連携しつつ、中堅・中小企業を含む日本企業による海外M&Aへの支援を行っていきます。
      
注釈
  1. *1 
    2020年1月31日付お知らせをご参照ください。
  2. *2 
    反応装置や各種蒸留装置など。
  3. *3 
    理化学用ガラス製品を複雑な形で組み合わせた装置。
  4. *4 
    2020年1月にAGI NAに改称。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス