JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

サウジアラビア王国の太陽光発電事業に対するプロジェクトファイナンス
日本企業による脱炭素社会に向けた海外事業展開を支援

  • 地域: 中東
  • インフラ
  • 環境
  • 投資金融
  • プロジェクトファイナンス
2021年3月22日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、19日、丸紅株式会社等が出資するサウジアラビア王国(以下「サウジアラビア」)法人South Rabigh Renewable Energy Company(以下「SRREC」)との間で、同国ラービグ太陽光発電事業を対象として、融資金額約78百万米ドル(JBIC分)を限度とするプロジェクトファイナンス*1による貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社みずほ銀行及びサウジアラビア法人Al Rajhi Banking & Investment Corporationとの協調融資により実施するものであり、協調融資総額は約157百万米ドルです。なお、Al Rajhi Banking & Investment Corporationはイスラム金融に基づき資金提供を行います。
      
  2. 本プロジェクトは、丸紅がサウジアラビア法人Al Jomaih Energy & Water Companyと共に設立したSRRECが、サウジアラビアの首都リヤド西方約800kmに位置するラービグ地区において実施する太陽光発電事業です。SRRECは、発電容量300MWの太陽光発電プラントを建設・所有・運営し、完工後25年に亘りサウジアラビア電力調達会社(Saudi Power Procurement Company)に売電します。本融資は、当行として初のサウジアラビアにおけるIPP事業*2及び再生可能エネルギー事業向け融資となります。
      
  3. 日本政府は、2020年12月に策定した「インフラシステム海外展開戦略2025」において、世界的なエネルギー転換・脱炭素化に向け、技術的優位性等を持つ我が国企業を支援することを表明しています。本融資はこうした政府の施策に沿うものであり、日本企業が出資者として事業参画し、長期に亘り運営・管理に携わる海外インフラ事業を金融面から支援することで、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。

  4. サウジアラビア政府は、「Saudi Vision 2030」の一環として、2019年1月に「National Industrial Development and Logistic Program」を発表し、2030年までに40GWの太陽光発電事業及び16GWの風力発電事業を推進する計画を掲げています。本プロジェクトは、こうした同国政府のエネルギー政策に沿うものです。また、サウジアラビアは世界有数の原油及び天然ガス産出国であり、本プロジェクトへの支援は、日本にとって重要な原油輸入先の一つである同国との重層的な経済関係の更なる強化にも貢献することが期待されます。

  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じ、日本企業による海外インフラ事業展開を金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
    プロジェクトファイナンスとは、プロジェクトに対する融資の返済原資を、そのプロジェクトの生み出すキャッシュフローに限定する融資スキームです。
  2. *2 
    IPP(Independent Power Producer)とは、自前で発電設備を建設・運営し、電力を販売する独立系発電事業者のことです。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス