JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

アンデス開発公社向け事業開発等金融
新型コロナウイルス感染拡大に伴う公衆衛生の危機対応を支援

  • 地域: 中南米
  • その他
  • 事業開発等金融
  • 保証
 2021年3月26日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、25日、アンデス開発公社(Corporación Andina de Fomento(略称:CAF))との間で、融資金額90百万米ドル(うちJBIC融資分45百万米ドル)を限度とする貸付契約を締結しました。本融資は、BNPパリバ銀行東京支店(幹事行)との協調融資によるものです。またJBICは、民間金融機関の融資部分に対し、保証を提供します。
      
  2. 本融資は、新型コロナウイルスの感染拡大による商業活動の制限措置等により経済・財政への影響・被害が甚大であるアルゼンチン共和国及びボリビア多民族国において公衆衛生対応*1に必要な資金をCAFを通じて*2支援するものであり、国際金融秩序の混乱への対処に資するものです。また、本件はアルゼンチン共和国及びボリビア多民族国からも期待が寄せられており、炭酸リチウム及び亜鉛鉱石の日本の主要輸入相手国である両国との関係強化にも資するものです。
      
  3. JBICはこれまで、中南米地域のインフラプロジェクトや日本から中南米地域向けの機器等の輸出、同地域における産業投資、輸出振興等に対する融資を通じて、CAFとの間で、1975年以降、45年以上にわたる協力関係を築いてきました。
      
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、こうした地域開発金融機関とも連携しつつ、様々な金融手法を活用した案件形成や、リスクテイク機能等を通じて、公衆衛生の危機対応に向けた取り組みを金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
    緊急医療設備の整備、医療機器・医療物資の調達等。
  2. *2 
    JBICからCAFを通じたツー・ステップ・ローンによるもの。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス