JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

株式会社ジェイ・エム・エスのフィリピン共和国法人JMS Healthcare Phl, Inc.が実施する医療機器等の製造・販売事業に対する融資
日本企業の海外事業展開を支援

  • 地域: アジア
  • 一般製造業・サービス業
  • 投資金融
2021年12月23日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、本日、株式会社ジェイ・エム・エス(以下「JMS」)のフィリピン共和国法人JMS Healthcare Phl, Inc.(以下「JMSHP」)との間で、融資金額約5百万米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社みずほ銀行及び株式会社三菱UFJ銀行との協調融資により実施するものであり、協調融資総額は約8百万米ドルです。
      
  2. 本件は、JMSHPが実施する医療機器の製造・販売事業に必要な資金を融資するものです。
      
  3. JMSは、1965年の創業以来、輸液セット、血液バッグ等の各種ディスポーザブル*1医療機器の製造・販売事業を展開しています。同社は、1970年代に海外進出し、現在、JMSHPを含む8カ所の製造・販売拠点より、90カ国にて医療機器の販売を行っており、更なるグローバル事業拡大を目指し、JMSHPが実施する各種医療機器製造設備の増設を計画しています。本融資は、こうしたJMSの海外事業展開を金融面から支援することで、日本の産業の国際競争力の維持及び向上に貢献するものです。
      
  4. 本件は、感染症対策に資する輸液セット等の医療機器を製造し、JMSグループ各社を通じて日本、欧州、米国、及び東南アジア向けに供給するJMSHPへの支援を通じ、各国の健康衛生水準の向上などに貢献することが期待されます。
      
  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じ、日本企業の海外事業展開を金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
    一般的に医療分野では「既に滅菌され、そのまま直ちに使用でき、かつ 1 回限りの使用で使いきる 医療機器」を指す。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス