JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

地球環境保全業務の下でのインド法人IDFC Limitedに対するクレジットラインの設定
インドにおける再生可能エネルギー及びエネルギー効率化事業を支援

  • 地域: アジア
  • 環境
  • 事業開発等金融

2014年3月28日
 
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、27日、インドにおいてインフラ事業向け融資等を行う開発金融機関であるインド法人IDFC Limited(以下「IDFC」)との間で、融資総額90百万米ドル(うちJBIC融資分45百万米ドル)を限度とするクレジットライン(事業開発等金融に基づく与信枠)(以下「本クレジットライン」)設定に係る貸付契約を締結しました。本クレジットラインは、株式会社三菱東京UFJ銀行(幹事行、以下「BTMU」)との協調融資であり、BTMUの融資部分の一部を、JBICが保証します。
     
  2. 本クレジットラインは、地球環境保全業務(通称「GREEN」)*1の下で、インドにおける再生可能エネルギー及びエネルギー効率化事業を対象に、温室効果ガスの排出削減等に資する環境関連案件に必要な資金を融資するものです。これまでもJBICは、インドにおける環境関連案件を支援するため、インド法人ICICI銀行やインドステイト銀行向けにGREENクレジットラインを設定しているところ、今回のクレジットライン設定により、より幅広い支援が可能になります。
     
  3. インド政府は、2020年までに国内総生産(GDP)単位当たりの温室効果ガス排出量を2005年比で20~25%削減するとの数値目標を掲げると共に、中長期環境政策である「気候変動に関する国家行動計画(NAPCC)」の下、様々な取り組みを行っています。こうした中、本融資は、インドにおける温室効果ガス排出削減やインド政府の環境政策の推進等に貢献することが期待されると共に、国際的に高く評価される日本の先進環境技術が同国に普及する機会を提供することも期待されます。これは、日本政府の「ACE: Actions for Cool Earth」(攻めの地球温暖化外交戦略)にも合致するものです。
     
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、こうした海外の地場金融機関とも連携しつつ、様々な金融手法を活用した案件形成や、リスクテイク機能等を通じ、地球環境保全に向けた取り組みを金融面から支援していきます。
注釈
  1. *1 2010年4月1日付お知らせをご参照下さい。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス