JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

トルクメニスタン政府向けバイヤーズ・クレジット
日本企業によるトルクメニスタン国営ガス会社向けエチレンコンプレックス設備一式の輸出を支援

  • 地域: アジア
  • 一般機械・設備
  • 輸出金融

2014年5月30日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、29日、トルクメニスタン政府*1との間で、融資金額約438百万米ドル(JBIC分)を限度とするバイヤーズ・クレジット(輸出金融)の貸付契約を締結しました。本融資は、ドイツ銀行東京支店、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行及び株式会社三菱東京UFJ銀行との協調融資によるもので、民間金融機関の融資部分には独立行政法人日本貿易保険(NEXI)による保険が付保されます。協調融資総額は約730百万米ドルです。
     
  2. 本プロジェクトは、トルクメニスタン国営ガス公社トルクメンガスが、同国西部に位置するバルカン州トルクメンバシ地方において天然ガスを原料に高密度ポリエチレン及びポリプロピレン*2を生産するエチレンコンプレックスを新設するものです。JBICはこのうち東洋エンジニアリング株式会社が担当するガス分離設備、エタンクラッカー設備、及びポリプロピレン製造設備の建設資金に対して融資を行います。
     
  3. 本件プラントから生産された製品は主に、アジア市場や欧州・トルコ市場向けに輸出・販売される予定であり、同国化学セクターの発展に貢献することが期待されます。エネルギーセクターの多様化を促進しつつ高い経済成長率を維持しているトルクメニスタンでは、今後も石油・ガス産業分野におけるプラント新設の需要が見込まれているところ、JBICが本融資により日本企業によるエチレンコンプレックスの輸出を支援することは、トルクメニスタンの石油・ガス産業分野における日本企業のビジネス機会の創出に繋がり、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
     
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能を通じて、日本企業のプラント機器等の輸出や海外事業展開を金融面から支援していきます。
注釈
  1. *1 トルクメニスタン国立対外経済関係銀行(The State Bank for Foreign Economic Affairs of Turkmenistan,略称:TVEB)が借入窓口となり、融資関連実務を行います。
  2. *2 高密度ポリエチレン及びポリプロピレンは、メジャーなプラスチック材料の一つであり、主な用途は、自動車部品、家電部品、包装フィルム、食品容器等です。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス