JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

株式会社日立製作所によるイタリア共和国鉄道関連法人の買収資金を融資
海外展開支援融資ファシリティの一環として、日本企業の海外M&Aによるインフラ事業展開を支援

  • 地域: ヨーロッパ
  • インフラ
  • 投資金融
 
2016年 6月30日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:近藤 章)は、本日、「海外展開支援融資ファシリティ」*1 の一環として、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社三井住友銀行の各民間金融機関及び株式会社日立製作所(以下「日立製作所」)との間で、イタリア共和国法人Finmeccanica S.p.A. の傘下にあったAnsaldo STS S.p.A.(以下「STS社」)の発行済株式約51%及びAnsaldo Breda S.p.A.(以下「ブレダ社」)の主な事業を買収するために、日立グループが必要としている資金の一部を融資する貸付契約をそれぞれ締結しました。
     
  2. 本件では、JBICが各民間金融機関との間でそれぞれ締結済のM&Aクレジットライン設定のための一般協定に基づき、各行を通じて融資を行います。また、併せて地域金融機関や生命保険会社を含む民間金融機関との協調融資により日立製作所に対し直接融資を行います。
     
  3. STS社は、貨物・旅客・地上鉄道や地下鉄向けの信号装置や制御システムの設計、実装、管理において高い技術を有しており、グローバルに鉄道システムをターンキー(一括請負)で提供しています。また、ブレダ社は、米国をはじめとした世界各国の主要プロジェクトにおいてプレゼンスを有し、都市交通と高速鉄道の分野で多くの実績を有しています。日立製作所は、本買収により、鉄道車両システム事業、信号/運行管理システム事業やターンキーソリューション事業を強化します。また、世界で実績のある製品群を加えることで、成長が見込まれる新興市場における事業の拡大を計画しています。
     
  4. 本融資は、日本企業による海外でのM&Aに必要な長期外貨資金を本邦金融機関と連携して機動的に供給することで、日本企業の海外インフラ分野における事業拡大や新たな事業展開を支援し、日本の産業の国際競争力の維持及び向上に貢献するものです。
     
  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、民間金融機関と連携しつつ、日本企業による海外M&A支援を行っていきます。
注釈
  1. *1 2014年7月1日付お知らせをご参照下さい。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス