JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

武田薬品工業株式会社によるアイルランド法人Shire plcの買収資金を融資
製薬業界における日本企業の海外M&Aを支援

  • 地域: ヨーロッパ
  • その他
  • 投資金融
2018年12月3日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、本日、武田薬品工業株式会社(以下「武田薬品」)との間で、アイルランド法人Shire plc(以下「Shire」)の買収資金(買収総額:約460億ポンド)の一部として、融資金額37億米ドル(JBIC分)の融資契約を締結しました。本融資は、民間金融機関との協調融資によるもので、協調融資総額は157億米ドル相当です。
      
  2. Shireは、今後成長が見込まれる希少疾患向け医薬品や血漿分画製剤*1に強みを持ち、消化器系及び中枢神経系領域にも複数のリーディングブランドや新薬候補を有するバイオ医薬品企業です。武田薬品は本買収により、同社が取り組む重点領域である消化器系疾患及びニューロサイエンス(神経精神疾患)の2領域を強化する方針です。また、希少疾患向け医薬品及び血漿分画製剤においてもリーディングポジションを確立し、日本に本社を置く研究開発型のグローバル製薬企業への変革を加速することを企図しています。加えて、世界最大規模かつ今後も高い成長率が見込まれる米国市場で高い売上比率を有するShireの買収により、海外における成長の更なる推進力を獲得することが可能となります。なお、武田薬品は本買収により売上高ベースで世界の製薬企業トップ10入りを果たす見込みです。
      
  3. 本融資は、武田薬品のこうした海外事業展開を支援するものであり、日本企業による海外でのM&Aに必要な長期外貨資金を供給することで、日本企業の海外における事業拡大や新たな事業展開を支援し、日本の産業の国際競争力の維持及び向上に貢献するものです。
      
  4. JBICは第3期中期経営計画(2018~2020年度)において、日本企業による海外M&A支援を重点的な取組みの一つに掲げております*2。JBICは今後も、日本の公的金融機関として、民間金融機関と連携しつつ、日本企業による海外M&Aを積極的に支援し、その海外事業展開を金融面から支援していきます。
     
注釈
  1. *1 
    人の血液の血漿から、治療に必要な血漿タンパク質を種類ごとに分離精製したもの。
  2. *2 

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス