JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

ロシア連邦法人ガスプロム発行の私募円建て外債に対する保証
サムライ債市場の活性化及び資源供給国との重層的関係強化

  • 地域: ヨーロッパ
  • 資源
  • 保証
2018年12月12日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、11日、ロシア連邦(以下「ロシア」)法人Public Joint Stock Company Gazprom(以下「ガスプロム」)が、特別目的会社を通じて日本で発行する円建て外債(サムライ債)に対する保証に関する諸契約に調印しました。本債券は、総額650億円の私募債形式の円建て債券であり、本債券の発行には、アレンジャーとして、みずほ証券株式会社、SMBC日興証券株式会社、英国法人JP Morgan Securities plc及び中華人民共和国法人GPB Financial Services Hong Kong Limited、債券の管理者として株式会社みずほ銀行が参画しています。
      
  2. 本件は、JBICの「サムライ債発行支援ファシリティ(Guarantee and Acquisition toward Tokyo market Enhancement (GATE))」*1に基づき保証を行うものです。今回、JBICの保証による信用補完を通じてガスプロムの東京市場でのサムライ債発行を支援することは、日本の投資家に幅広い投資機会を提供し、我が国資本市場の競争力の維持・向上に貢献するもので、ガスプロムにとっても資金調達先の多様化に繋がるものです。
      
  3. また、JBICはこれまで、ガスプロムとの間の長期的な協力関係の構築・発展を目的とした覚書の締結*2や、ロシア政府との間の継続的な対話を通じ、ロシアにおける資源・エネルギー分野に関する協力を推進してきています。本件は、2016年5月の日露首脳会談において、安倍総理よりプーチン大統領に提示された「8項目の協力プラン」 *3の一項目である「ロシアの産業多様化・生産性向上」分野の協力の一環として位置づけられるものであり、日本政府の推進する日露経済関係の深化にも寄与するものです。
      
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用しながら、日本及び国際経済社会の健全な発達を金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
    2010年4月15日付プレスリリースをご参照ください。
  2. *2 
  3. *3 
    日露経済交流に向けた8つの項目からなる協力プラン。①健康寿命の伸長、②快適・清潔で住みやすく、活動しやすい都市作り、③中小企業交流・協力の抜本的拡大、④エネルギー、⑤ロシアの産業多様化・生産性向上、⑥極東の産業振興・輸出基地化、⑦先端技術協力、⑧人的交流の抜本的拡大。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス