JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

サウジアラビア王国におけるメタノール製造・販売事業に対する融資
成長投資ファシリティにより、日本のエネルギー資源確保に寄与

  • 地域: 中東
  • 資源
  • 投資金融
2020年3月2日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、2月28日、日本・サウジアラビアメタノール株式会社(以下「JSMC」)との間で、融資金額432百万米ドル(JBIC分)を限度とする貸付契約を締結しました。本融資は、「成長投資ファシリティ*1 /海外展開支援ウインドウ」のもとで、株式会社みずほ銀行及び株式会社三菱UFJ銀行との協調融資により実施されるものです。
      
  2. 三菱瓦斯化学株式会社を最大株主として設立されたJSMCは、サウジアラビア王国(以下「サウジアラビア」)法人サウジアラビア基礎産業公社(以下「SABIC」)との合弁により、1980年にサウジアラビア法人Saudi Methanol Company(以下「AR-RAZI」)を設立しました。AR-RAZIは、1983年より、サウジアラビア・ジュベイル工業地帯において、メタノールの製造・販売事業を行っています。2018年11月、AR-RAZIに関する合弁契約の期限が到来したところ、JSMCとSABICは、同契約を20年間延長することで合意しました。本件は、JSMCが当該合弁事業を継続するにあたり必要な資金を融資するものです。
      
  3. メタノールは、主に天然ガスから製造され、ガソリンの添加剤や燃料電池の他、接着剤や合成樹脂といった化学品の原料等、幅広い用途に使用されています。本プロジェクトで生産されるメタノールの一部は、JSMCが継続して引き取り、主として日本国内向けに販売されます。日本は、国内で使用するメタノールの全量を輸入に頼っているところ、本融資は、日本企業が事業参画する海外のメタノール製造拠点の維持及び日本のメタノール調達源の多角化に寄与するものであり、日本のエネルギー資源の安定確保に貢献するものです。
      
  4. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じて、日本にとって重要なエネルギー資源の確保に貢献するプロジェクトを金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
    2020年1月31日付お知らせをご参照下さい。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス