JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

モロッコ王国タザ陸上風力発電事業に対するプロジェクトファイナンス
質高インフラ環境成長ファシリティの一環として、日本企業によるアフリカの再生可能エネルギー発電事業への参画を支援

  • 地域: アフリカ
  • インフラ
  • 環境
  • 投資金融
  • プロジェクトファイナンス
2019年12月23日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、20日、「質高インフラ環境成長ファシリティ」(以下「QI-ESG」*1 )の一環として、三井物産株式会社(以下「三井物産」)等が出資するモロッコ王国(以下「モロッコ」)法人Parc Eolien de Taza SA(以下「PETS」)との間で、モロッコのタザ陸上風力発電事業を対象として、融資金額約44百万ユーロ(JBIC分)を限度とするプロジェクトファイナンス *2による貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社三井住友銀行、株式会社三菱UFJ銀行及びモロッコの商業銀行であるBanque Marocaine du Commerce Extérieurとの協調融資によるものであり、協調融資総額は約113百万ユーロです。民間金融機関の融資の一部に対し、株式会社日本貿易保険(NEXI)による保険が付されます。
      
  2. 本プロジェクトは、PETSがモロッコ北部のタザ州において、発電能力87.21MWの陸上風力発電所を建設・所有・運営し、完工後20年にわたり、モロッコ電力・水公社(Office National de l'Electricité et de l'Eau Potable)に売電するものです。本件は、JBICとして初のモロッコ向け再生可能エネルギー発電事業案件であり、アフリカ地域におけるQI-ESGの第1号案件となります。
      
  3. モロッコでは、発電容量に占める再生可能エネルギー比率を2030年までに52%とする目標を掲げているところ、本件は、こうした同国政府の電力政策にも沿うものです。また、日本企業にとって事業経験の少ないアフリカでの再生可能エネルギー事業を支援することを通じ、同分野における日本企業の国際競争力の維持・向上にも資するものです。
      
  4. 日本政府は、2019年6月に改訂した「インフラシステム輸出戦略」において、インフラの設計・建設・運営・管理を含むシステムの受注や現地での事業投資の拡大の推進を表明しています。また、パリ協定を踏まえ、世界の脱炭素化をリードしていくため、相手国のニーズに応じ、再生可能エネルギー等を含めた「低炭素型インフラ輸出」を積極的に推進する方針を掲げています。本件は、これらの日本政府の施策にも合致するものです。

  5. 2019年8月の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において、アフリカの産業の多角化及び連結性強化に向けた質の高いインフラ投資が重要なテーマとして取り上げられ、日本政府は官民協力の上、アフリカ地域への支援を継続する方針です。JBICは、TICAD7の機会を捉え、「JBICアフリカ貿易投資促進ファシリティ」(通称「FAITH」)を更新し、FAITH3*3 を創設しており、本件はFAITH3のもとでの初の再生可能エネルギー事業案件となります。
      
  6. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じ、日本企業による海外インフラ事業展開を金融面から支援していきます。

注釈
  1. *1 
    2018年6月28日付お知らせをご参照下さい。
  2. *2 
    プロジェクトファイナンスとは、プロジェクトに対する融資の返済原資を、そのプロジェクトの生み出すキャッシュフローに限定する融資スキームです。
  3. *3 
    2019年8月30日付お知らせをご参照下さい。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス