JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

2019年度第2四半期業務概況

  • 地域: その他
  • その他
2019年12月27日

株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、本日、2019年度第2四半期(7~9月)の業務概況について、以下のとおり公表しました。なお、金融目的別の承諾額等については、別添資料をご参照下さい。

Ⅰ.出融資・保証業務

1.承諾状況
2019年度第2四半期の出融資・保証承諾は、38件、約3,406億円となりました。

2.実行・回収・残高状況
第2四半期の実行額は約3,237億円、回収額は約4,946億円であり、その結果、同期末残高は、出融資計約13兆3,312億円、保証約2兆4,250億円、合計約15兆7,563億円となりました。
  

Ⅱ.主な取り組み

1.資源分野での取り組み

日本企業が、ロシア連邦においてLNGプラントを建設・操業する事業実施主体の出資持分を取得するための資金を融資しました。
  

2.日本の産業の国際競争力の維持・向上分野での取り組み

(1)日本企業の戦略的な海外事業活動を支援
シンガポールのエンジニアリング・都市ガス事業会社に対して日本企業と共同出資した他、日本企業によるイタリアの自動車部品メーカーの買収に必要な資金を融資し、日本企業の海外M&Aを支援しました。また、日本企業によるロシア・サハ共和国向け温室栽培施設の関連機器輸出を支援しました。

(2)中堅・中小企業の海外事業展開を支援
インドネシアにおける自動車部品の製造・販売事業、タイにおけるプリント基板の製造・販売事業に関する融資等、計26件、約42億円相当の承諾を行いました。
 

3.環境関連分野での取り組み

「質高インフラ環境成長ファシリティ」(QI-ESG)*1の一環として、日本企業が米国及びベトナムで実施する太陽光パネル用透明導電膜ガラスの製造・販売事業に必要な資金を融資しました。

 

注釈
  1. *1 
    2018年6月28日付お知らせをご参照下さい。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス