JBICメニュー閉じる

  • EN
  • 検索閉じる
ホーム
JBICについて
JBICについて

JBICの役割や組織に関する情報についてご案内します。

閉じる

支援メニュー
支援メニュー

支援メニューについてご案内します。

閉じる

業務分野
業務分野

業務分野についてご案内します。

閉じる

情報発信
情報発信

情報発信についてご案内します。

閉じる

プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースについてご案内します。

閉じる

IR情報
IR情報

IR情報についてご案内します。

閉じる

南アフリカ共和国において日本企業が実施する自動車タイヤ製造・販売事業に対する南アフリカランド建て融資
成長投資ファシリティにより、日本企業の海外事業展開を現地通貨建てファイナンスを活用して支援

  • 地域: アフリカ
  • 一般製造業・サービス業
  • 投資金融
 2020年5月8日
  1. 株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:前田 匡史)は、7日、株式会社ブリヂストン(以下「ブリヂストン」)のベルギー王国法人Bridgestone Europe NV/SA(以下「BSEU」)との間で、融資金額400百万南アフリカランド(JBIC分)を限度とする貸付契約を締結しました。本融資は、「成長投資ファシリティ*1」のもとで、株式会社三菱UFJ銀行との協調融資により実施されるものであり、協調融資総額は668百万南アフリカランドです。
      
  2. 本件は、BSEUを通じ、ブリヂストンの南アフリカ共和国(以下「南ア」)法人Bridgestone South Africa Holding (Pty) Ltd.の自動車タイヤ既存製造工場の設備改修に必要な資金の一部を融資するものです。
      
  3. ブリヂストンは、世界のタイヤ市場においてトップシェアを占める売上げを有しています。アフリカ最大の自動車市場である南アは、自動車メーカー各社の完成車及び部品の生産拠点としてアフリカの自動車産業を牽引しており、今後も人口増加や経済発展等による市場拡大が見込まれています。こうした中、ブリヂストンは、南アの自動車タイヤ製造既存工場の設備改修を通じ、南アにおける生産能力及びマーケットシェアの拡大を企図しています。本融資は、ブリヂストンのこうした海外事業展開を南アフリカランド建て融資を通じて支援することで、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。
      
  4. 2019年8月の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において、アフリカの産業の多角化及び連結化強化に向けた質の高いインフラ投資が重要なテーマとして取り上げられ、日本政府は官民連携のもと、アフリカ地域への支援を一層強化する方針です。JBICは、TICAD7の機会を捉え、「JBICアフリカ貿易投資促進ファシリティ」(通称「FAITH」)を更新し、FAITH3*2を創設しています。本融資はFAITH3の対象案件であり、日本政府のアフリカ向け取組方針に沿うものです。
      
  5. JBICは今後も、日本の公的金融機関として、こうした現地通貨建て資金ニーズへの対応を含め、様々な金融手法を活用した案件形成やリスクテイク機能等を通じて、日本企業の海外事業展開を金融面から支援していきます。
      
注釈
  1. *1 
  2. *2 
    2019年8月30日付お知らせをご参照ください。

プレスリリース検索

年度
セクター
地域
ファイナンスメニュー

メール配信サービス